This Category : 夜泣き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネンネトレーニング ~2日目

この日は急遽、入院した義祖父母のお見舞いのため、
お昼寝時にトレーニングができませんでしたが、生活リズムは同じままで。
2日目の今日は、泣きの待ち時間5分からスタート。

午前
10:20-11:10(1時間10分昼寝) 車で移動中だったため、すぐ寝入る。
午後
13:10-13:40(30分昼寝) 彼の昼寝はいつもこんなかんじです。短すぎ!
15:30-16:40(1時間10分昼寝) また車内で眠る。


19:30-19:45 母乳&ミルク 
19:45-20:10 お風呂
20:10-20:20(歌を歌う→オルゴール) この日は夫が寝かしつけ。
20:20-20:40(2回)  20分で寝つく。時間短縮されている!
12:00,3:30,6:00 起きるものの泣きはほとんどなし。 自力でまた眠る!

この晩の寝かしつけは夫に。
ドアの隙間から、泣きじゃくるチビの様子を何度もうかがう夫。
我が家の狭いリビングとダイニングを行ったり来たり。
「これは耐えられないよ。」と顔を見たら、とても辛そうでした。

お昼寝はともかくとして、夜の睡眠は初日より進歩したのが目に見えて
夫も私も2日目にして手ごたえを少し感じ始めました。
ちなみに、このトレーニング、多くのケースが3,4日で効果発揮されているとのことです。
チビよ、がんばれ。



TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 夜泣き | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


ネンネトレーニング ~初日

絶対に大泣きするだろうと思っていたので、
日中のお昼寝からスタートすることにしました。
両隣のご近所が留守なので迷惑がかかりません。

チビは生まれてから、とくに日中などは大泣きをほとんどしない子です。
「ホント泣かない子だね、いつもご機嫌で。」とよく言われます。
そのせいか、彼が大粒の涙をボロボロこぼしながら、
ぐしゃぐしゃの顔をして泣くのを私は見慣れてません。
初日はやはり、とてもとても辛かったです。私も涙しながらのスタートでした。
目の前で、ヒックヒックしながら泣き続ける息子がいるのに
抱き上げることもせず、ただ言葉をかけ体をさするだけの自分に
情けなさに似た感情がこみ上げてきました。
チビがちゃんと眠れるよう導かなくてはと言い聞かせて
第1日目は、何とか終了しました。

午前
10:50-11:20(3回)  ここがやはり一番しんどかったです、息子にも私にも。
11:20-13:00(お昼寝)  いつもは1時間程度なのに、疲れきったせいか1時間40分のお昼寝。でも寝起き後、チビの目は腫れあがっていた・・・。
午後
16:00-16:10(2回)  意外とすぐに寝入る。
16:10-17:00(お昼寝) 

お昼寝はいつもストローラーでお散歩しながら、またはスリングでしか
眠らなかったので、クリブでひとりで眠れるのか不安でしたが、
大泣きしながらも眠ってくれたので、ちょっとホッとしました。


19:30-19:45(母乳とミルク) 今まではお風呂後にミルクでした。
19:45-20:05(お風呂)
20:05-20:10(歌を歌う→オルゴール3分)読み聞かせは興奮してしまうので歌に。
20:10-20:35(3回) やっぱり大泣きする。
20:35-1:00(4時間30分寝る) 
1:00-1:50(4回) 母乳はあげない、と固く決意。始めてから一番長い泣き。
1:50-5:00(3時間10分寝る) 3時、4時にいつも起きてたのに・・・。
5:00-5:20(2回) わりとすぐ寝た。
5:20-6:00(40分寝る)
6:00-6:10 フニャっと弱く泣いて、また寝入る。
6:10-7:30 (1時間20分寝る)
7:30    起床


チビが目を腫らすほど泣くことは今までなかったので、それを見るのも辛かったです。
断念することなく、とりあえず初日を終えたものの
翌日の(この起床後)私は本当にぐったり疲れきってました。
この日の夫は、深夜近くの帰宅(仕事帰りにゴルフ&飲み)。
事前に事情を説明するどころか、トレーニングのことすら口にしてなかったので
夫は”えっ?何してるの?”と全く状況を飲み込めず(当たり前ですね)。
翌朝、朝食をとりながら説明。まじめにちゃんと聞いてくれました。よし。


TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 夜泣き | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


ネンネトレーニングのルール

どうやらこのトレーニングには賛否両論が大きく分かれるようです。
それは、”ひとりで泣かせておく”ということをするからです。
そんなのはただのネグレクトという人がいるかもしれません。
でも、泣いても側にいれる時間を短時間でもつくっているのは、
子供が”置き去りにされた”という感情におちいらないためとのこと。
何十分も泣かせっぱなしは、さすがにそれはしたくないので
これなら、何とかできそうだと思いました。

私がこのトレーニングを始めてみようと思ったのは、
①試行錯誤でいろいろ試した結果、彼に合うものはこれとなく、
これなら合っているかもしれない、試してみる価値はあると感じたこと、
②このトレーニングの成果と私たちの最終ゴールがあっているところ
(子供部屋でクリブで寝る。欧米スタイルっていうんでしょうか)
③このところ、夜中の授乳が良くないのでは?と感じ始めていた、
という理由です。

ただひとつ。肝心のこの本「赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣」の
入手ができなかったので、実践者の方たちの情報をもとで始めました。
ですのでかなり自己流だと思います。

このトレーニング、賛否両論の理由のひとつに、トレーニング内容が
赤ちゃんに辛いものであること。でも、親にもなんです。

その厳しいトレーニング内容は、
・寝る30分以上前に最後の授乳またはミルクを済ませておく
いつも寝る直前にミルク。大丈夫なのかな、とちょっと心配。

・寝る前に、読み聞かせや歌を聞かせるなど、寝る前の儀式を習慣づける。
いつもは”ミルクを飲む”が眠りの儀式のようなもでした。これは問題なくできますね。

目が覚めている間にベッドにねかせ、1人にして部屋をでる。
寝かしつけにおしゃぶり、哺乳瓶などは一切与えない。

これもできます、大丈夫。

歯を食いしばらなきゃいけないのは、ここから。
・おやすみの儀式の後、クリブで寝かす。とりあえず部屋を出る。
子供が泣き始めてもすぐに側には行かない。
3分待ってから子供の側に行き、「ママはここにいるから怖くないよ。ひとりでねんねしようね」などと話しかけたり、体をさすったりしてなだめる。
でも抱っこはしない。2分間側にいたら部屋を出る。
まだ泣き続けていたら、今度は5分間待ち、同じく2分間にいたら部屋をでる。
次は7分間→2分間なだめる、10分間→2分間なだめる。
これを子供が寝つくまで続ける。

そして夜間起きても同じ。泣き出してもすぐに側に行かない、抱き上げない。
待ち時間と側にいる時間のルールは同じ。

2日目は待ち時間を5分間からスタートする。
3日目は待ち時間7分間からスタート、4日目以降からは全て10分間・・・

というぐあいです。

他にももっと細かいルールはあるようなのですが、概要はこんなかんじです。
※6ヶ月以上の赤ちゃんが対象です。


TrackBack : 1
Comment : 6
Category : 夜泣き


ネンネトレーニングのレポートのこと

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣 赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣
アネッテ・カスト・ツァーン、ハルトムート・モルゲンロート 他 (2003/11/08)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


この説得力のなさそうなタイトル。実はまだ読んでいません。
本来ならこの本をちゃんと読んでから実践すべきなのですが
日本語版も英語版も見つけることができず、かといって
(母に頼んで)数週間後まで待つ気力も体力もありませんでした。
とにかく早く何か手を打ちたいの気持ちだけでしたから。
なので、ここでのレポートは、あくまでも私の自己流ネンネトレーニングです。
このエントリーを見て、”私も!”と真似はどうぞされないようお願いします。
あくまでも参考事例として受け止めていただきますようお願いします。

もうすでに実践してしまったので、この本を読む意味はもうないかもしれませんが
やはり読んでおくべきだと強く思うので、来月に母が
持ってきてくれるのを心待ちにしてます。待ちきれません。
母に会うことより、この本を手に入れることが待ちきれません!


 
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 夜泣き


夜泣きで家族崩壊?

このところのチビは、0:00、3:00、4:00~5:30と起きています。
(ちなみにこんな状況にまでなっても、私は昼寝なしです。)
これ以上になることもありますが、明け方のまとめて起きてしまうことは
今までになく、私もこれにはあきらめて彼と一緒に
リビングでテレビを見ながら時間をつぶしています。
テレビジャパン。24時間放送なので、涙が出るほどありがたい!
明け方の静まり返っているこの時間、孤独感すら感じるだけに
スイッチを入れたら、そこには日本の番組があるというが、こんなに嬉しいことだなんて。

いつか終わりは来る。でも、状況は悪くなっていく一方。
こんな狂った生活リズムが、成長目まぐるしいチビに良いわけがないはず、と思うのです。
私にも限界があります。夫に頼んで負担が少しは減っても、
この問題に何の解決になりません。
図書館で借りてきたたくさんの育児書。どれもこれという解決策はなく・・。
そして最近感じるのが、私の疲れがその限界に近づいてきてると感じ始めてます。
その証拠に、夫との夫婦関係に疑問すら感じることがあるのです。
夜中起きるたびに、別室で眠る夫のことを思い出しては、大きな怒りを感じます。
そして最悪なのが、それ以外で夫のする些細なことに苛立ちを感じてしまうのです。
ちょっと散らかしっぱなしにしただけで、“だらしのない人”などど本気で苛立ってしまうのです。
全ては夜泣きの疲れから。そのストレスのはけ口が夫へ向い、
彼のする些細なことにリンクして、夫に怒りや嫌気がさし・・・
これって、危機に面している?!と認識し始めました。
もちろん、こんなことを思っているのは私だけで、
夫は私たちの仲はいたって変わりはないと思っています(それがまた腹ただしい)。
でも私はそうではないのです。彼への尊敬や愛情が減っていくのを日々感じます・・・

・・・・・・こ、これは、まずい!!


と、意を決して、あるトレーニングに取り掛かることにしました。
その名は「ネンネトレーニング」。厳しい内容のトレーニングです。
始めるには、納得して固い決意と意思が必要とするものです。夜泣きごときに
な、何事・・・と思われるかもしれませんが、ホントです。
ヴェズさんやsucaiさんから頂いた情報(ありがとう!)や、
自分でも調べてみた情報をつてに見つけたこの「ネンネトレーニング」。
このトレーニングがチビに効果があるのか、それによって家族崩壊を避けれるのか。
ここでレポートをしていきたいと思います。


TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 夜泣き | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。