スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと寄り道

超音波検査の帰り、夕方5時前後だったので帰り道が渋滞。
お天気が、とても良かったのでちょっと道路から外れて
公園へ寄り道して帰ろうということになりました。

ちょうどあと1ヵ月後には夫の誕生日。36歳になります。
「36歳で父親になるって思ってた?もっと早くなると思ってたでしょう。」
「うん、もっと早くに子供を持つと思ってたなぁ。」
私も。私ももう少し早くに子供を持つだろうと、漠然と20代の頃は思ってました。
20代後半の頃は、まだ子供をもつ事は考えられなかったし、
30前後では、仕事が楽しくてしょうがなかった。
そして、いざ!と挑んだら、流産という結果に。
気がついたら33歳。半年後には34歳になります。
時間って、振り返ればとあっというまですね。
自分が30代半ばにさしかかってる大人の自覚すらないかも。
ちょっと遠回りしたのかなぁなんて思ったこともあります。
でも、これでよかったんだと感じます。
あれもこれもみな意味があったんですよね。
寄り道をしたからこそ、発見もいろいろありました。
akiraさん同様、「お日様いっぱいのお花畑のような妊娠生活」を
私も体験するんだろうと当たり前のように思ってましたが
私も夫も、それを生涯体験することはないと思います。
もちろんこの妊娠に感動は常にありますが、
その裏側には常に冷静な目を持つ自分がいます。
予期したくないこと、最悪の事態を頭の中に用意してる自分がいます。
それでも、お花畑じゃなくても、ここまでたどり着けて本当によかった。
って、先はまだまだ長いのに。何を言ってるんでしょうね私は。
きれいな夕焼けの中で夫と散歩しながら、何か思うものがありました。

スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 4


Comment

NO SUBJECT
ちこさんと、私って同い年(学年が一緒!)だわ!!
うれしいわ!うふ!

「これでよかったと思います」という言葉に妙に納得。
私の場合はまだ妊娠できていないけど
その寄り道も
きっときっときっといつかはそう思えるんだと強く
信じています。

人生にはいろいろあるね。
いろんなことを経験しながら
それでも毎日は過ぎてゆく。
大事な人(人たち)が一緒にいて
そのひとつひとつをともに超えていく。
なんて幸せなことでしょう。

日曜の朝、
「がーん!食べるものは何もない!!」といいつつ
ネット徘徊しながら、ちこさんの言葉にぐっときた私なのでした。

そうそう!ちこさん推薦のタイミング妊娠法っていう本買ってみたわ!



2006/06/24(土) 18:42:42 | URL | akira #-[ 編集]
今だからこそ
私もChicoさん同様、自分はもっと早く子供を持つだろうと
ただ呆然とそう思っていました。

しかし、気づけば30代後半。
でもね、今だからこそ違った目で子育てができるのではと思います。
授かったときがベストのタイミングなんだと思います。

20代のママに比べたら体力は衰えているかもしれないけれど、
経験とおばさんの知恵で乗り切ろうと思います(笑)。

これからも主人と一緒に新しいチャレンジに挑戦して
二人で成長していけたらと思います。
2006/06/25(日) 09:15:18 | URL | ココア #-[ 編集]
ねずみ年
Chicoさんと同じ年かも知れません~。出産までの過程もほんと似てます。Chicoさんの今の気持ち、読みながらうんうんとうなずいてました。私も流産直後の妊娠だったから、出産直前まで無事の出産だけを祈って不安な日々を過ごしました。それが生んで1年も経った今振り返ると、やっぱりスペシャルな9ヶ月だったなーって思えるようになってます。女性の一生にそう何度とない妊娠期間、いろんな形のドラマがあると思います。Chicoさんが素直に向き合ってる今の気持ち、いつか懐かしく思える日が来ますよ~、あともう少しです!きっときっと大丈夫ですよ、ファイト☆ ご主人様とステキなバースデーを過ごしてくださいね♪
2006/06/25(日) 21:21:44 | URL | Vanise #-[ 編集]
★akiraさん
ということは、ねずみ年ね~。すごい偶然。
同じ年に生まれて、同じことを経験するなんて。

そうそう、いろんな人たちに囲まれて支えられてここにいる、こうやって。
そしてパートナーと小さなことから大事なことまで
話をして、考えてふたりで決めて。
そうゆうことが、とてもありがたくて。

タイミング妊娠法って本を図書館で見かけたとき、
その本のタイトルよりもサブタイトルに惹かれて。
先生に「たまたま育たない卵だっただけ」と流産したときに言われて、
丈夫な卵子と精子を合体させなきゃ!と思って矢先に
この本と出会ったわけなのです。
授かりものとは分かっていたつもりだったけれど
この本をさっと見て、あぁ妊娠ってなんて神秘なんだろうって。
一読の価値は絶対にあると思い、推薦!


★ココアさん
子供を追いかけるにも息切れしてしまう、もうそんな年齢かもしれないけれど、
ココアさん同様、私も、この年齢だからという利点も絶対にあると思います。
10年前の自分だったら、できなかった判断も、
今なら落ち着いて考えることができるし、
若さが減った分、知恵は増えているはず、と自負して
私も頑張ります!マイペースで!
妊娠も出産も、子育ても、夫婦ともにできるのがベストだと思います。
夫もこの未知の体験を、手探りで自分なりに吸収しようとしてます。
私も夫とこれから子供だけでなく、いろんな未知のことを
一緒に体験していくのが楽しみです。


★Vanise さん
そうだったんですね・・・Vanise さん、苦しい経験をされてたんですね。
ということは、こちらで経験されたんですね。
きっととても不安だったと思います。
でもそれらを乗り越えて、現在は元気でかわいい
お子さんのママになられて本当によかった。

昨日も、夫の同僚でお子さんがいる方に
「心身辛いことが多かったけれど、本当に素晴らしい経験をしたと思う」と言ってました。
残りの妊婦生活、出産がどうなるかは分からないけれど
すでに、素晴らしい経験をさせてもらったなって、つくづく思います。
昨日も眠りはひどかったですけれど(笑)。それでも。

私もねずみ年です!ここでも、偶然が・・・。
しかも同じBC州に在住だなんて・・・。
ブログ始めてよかった!でなきゃ、この出会いはきっと
なかったかもしれないですもんね。
これからも、どうぞよろしく☆









2006/06/26(月) 20:26:15 | URL | chico #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。