スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰りの機内でうれしかったこと

帰りの機内で隣に座られてた日本人女性の方のことを。

前座席に埋め込まれてるテレビを調節するリモコンの操作の仕方が
分かりずらそうにされている様子。
このリモコンはこんなふうに使うんですよ~と、少しお手伝いしました。
でも、そこからとくに会話をするでもなく、私は新聞や本を読んだり。

そして私はP先生の指示どおり、こまめにストレッチや機内を歩き回ろうと
自分の席を立ち、お手洗い経由でそんなことをしてました。
そして30分後ぐらいに席に戻ったら、隣に座るそのご婦人が私の顔を見上げて
「あああー!良かったー。今、ちょうど乗務員さんに声を掛けようと思ってて。
なかなか戻られないから、トイレで倒れてるのかと思ったのよぉ。
お腹の大きい妊婦さんだからぁぁぁ~。」と、ほとんど半泣きの状態。
とくに交流がそれまであったわけではないのに、
そんなふうに心配してくれてたことに、私は少しビックリ。
と、同時に申し訳ない気持ちでいっぱいだったので
「ご心配をおかけして、すみません!」とお詫びしました。

全く見知らぬ私をそんなに気遣ってくれる人が、隣の席に座ってて
すごくありがたかったです。
中年女性だったからかもしれないけれど。でも、そうじゃない人のほうが多いのに。
比べるつもりはないけれど、妊婦や子連れには、
カナダ人のほうが手を差し伸べてくれることが圧倒的に多いので、
正直、日本人の人からこんなに気遣ってもらえるとは
思っていなかったので、思いがけずに感動!でした。

あのご婦人は今頃、山登りを楽しんでるのかな。
いい旅となりますように。



スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 6


Comment

NO SUBJECT
それは嬉しいですね。
気にかけてくれる人がいるっていうのは違いますよね。
確かに30分くらいトイレから出てこなかったら何かあったかと思いますよね。
日本人ってあまり話しかけたりしない人が多いですよね。
特に初対面だとほんとにし~んとなってしまって。
私もこの間の安産教室の時、知らない人なのでやっぱり話しかけにくかったです。
2006/06/10(土) 19:22:14 | URL | ロッティー #-[ 編集]
私も!
私も母親学級に出たとき(まだ1度だけ)、日本人ばかりが
集まる学級に参加したんですけど、なんかシ~ンとしてて
交流ってどころじゃなかったです。
思い切って話しかけてみても、反応いまいちとかだと
失敗したーとか思っちゃいます・・・。


2006/06/12(月) 19:46:17 | URL | Chico #-[ 編集]
おかえりんさい!
いやぁ~エエハナシですネそれほんま。
帰省のたびに日本人に対してはあまりいい思い出
拾ってこないんですけど。(食に対しては最高デス!)
いや、ワタシもね。たまに飛行機乗ってて、隣座席の
ヒトと話したりするんですけど、もしこの飛行機が
落ちちゃったら、コノヒトがワタシが最期に言葉を
交わしたヒトになるんかいなぁ~ふと思い耽ります。

丁度いいときにおかえりなさい。
バンは今最高!ですね!天気!
2006/06/12(月) 22:00:28 | URL | ヴェズ #9enIUaYc[ 編集]
ただいま~☆
本当にありがたかったなぁ。
こんなふうに周りを思ってくれる人が
隣に座っててくれてラッキーだったなぁと、つくづく。
日本にいるときは、誰かに親切にしてくれるとは
ぜんぜん期待してない分、感動もひとしお。
8~10時間だけのご近所だけれど、
何か、こう運命的なめぐり合わせもあるんだろうなぁと。
全く言葉交わさないというほうがほとんどだけれどね(笑)。

お天気いいから、庭いじりをいい加減始めないと。
でも、体がおっくうでなかなか作業が進まず。
夏が終わっちゃうー!
2006/06/13(火) 11:00:42 | URL | Chico #-[ 編集]
NO SUBJECT
こういう話を聞けるのは、とても嬉しいですね。
いろんな人がいるので、一つでくくるのも
どうかと思いつつ、妊婦やお年寄りに対しての
優しさって、日本では本当にかけてるな~と思います。
臨月が近くて、特大のお腹を抱えた姉
(子供は4キロ以上でした)と電車で出掛けた時、
見事に誰も席を譲ろうとしなかった時は、
叫んでやろうかと思いましたよ。
妊婦は慣れたもんで、私一人で怒ってました。。。

楽しい旅の帰りが、心温まる人の隣で良かったです。
2006/06/13(火) 16:55:34 | URL | sucai #DNnXxH5U[ 編集]
sucai さん
それ、分かる!自分のことじゃないほうが
世間の冷たさを目の当たりにすると、怒りや空しさがでてきますよねー。
お姉さんの気持ちも分かるなぁ。
私も世間に期待をあまりしないほうなので
帰国のとき、電車で立ちっぱなしが続いても平気でした。
なんていうのかな、弱者が我慢を強いられて当たり前みたいな
暗黙の了解があるから、日本って。
それにしても、お姉さん、4kgの赤ちゃんを・・・。
実は私もその可能性が大、といいうことが発覚しまして・・・。
すごいですね、お姉さん!



2006/06/14(水) 13:08:30 | URL | Chico #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。