スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


診察:2回目

2006年3月2日(16週)

体重測定をしてくれるスタッフに、「つわりひどいの?」と聞かれました。
「お薬出す?」と言われ、ちょっとびっくり。
「食欲はそれなりにあるし、嘔吐もしてないから大丈夫です」と私。
そして診察が始まり、P先生も「つわりひどい?」と同じ質問。
なんでだろう…?私、つわり疲れのひどい顔してるのかなと考えてたら、
P先生が「でも、ほんの少しだけだけど体重増えてるからいいわね」と。
ああ、なるほど。1ヶ月ぶりの診察。体重がほとんど増えてないから、
つわりで食べれてないと思われたのかと分かりました。

私は”食べづわり”タイプだったので、1回の食事量は少なかったものの、
毎2時間ごとに何かを口にしてたので、12週の時点ですでに3kgは増加してました。
私としては後期に入るまでは、これ以上体重を増やしたくないところ。
きっとこれは日本的な考え方なのかもしれません。
日本は体重管理が厳しいですからね。
でも、こちらの妊婦さんのように15kg~20kg当たり前のように増やしてしまったら
Cセクションで出産(難産で帝王切開)となるかもしれないし、
糖尿病の家系を持つ私としてはやはり妊娠中毒が気になるところ。

これから、どんなに気をつけても体重は増えていくでしょうから、
これに関しては”日本スタイル”で最後まで通すつもり!
が、現在はさらに2kg増で、合計5kg増…(-_-;)
そんなに食べてないし、運動してるのに…。


スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 4


Comment

イタイのコワイ
どんどん実感沸いてきますね。
こちらのスタイルというか考え方って驚くことが多いけど
妊娠に関してもしかりですよね。
痛みなどに対して極力手を尽くして緩和させようとしますし。
なのでChicoさんがつわりで食べれなくて辛いから
それを避けるために薬を処方するという考えになるのかしら?
びっみょーですよねん。そうそう、ワタシの友達も1年前に
男の子出産したんですけどそんときでも出産方法を自分で
選べるって聞いてビックリしましたよ。
難産に関係なく帝王切開がいいならその選択もあると。
え"--みたいな。うちの母曰く、自然分娩に耐えてこそ
我が子をカワイイと思えるんだって考えはもう古いんでしょうかね~?
その友達は小柄ですんごく細くってやはり骨盤も関係したのか、
子宮が開かずなかなか出てきてくれなくてかなり難産でした。
結果帝王切開でとりあえず無事に産みましたけど
それまでの激痛に耐える時間も長くて、医者からナースから
ほかの入院患者まで知れ渡るくらいあんな小さい体で
あんな激痛にあそこまでよく耐えてスゴイ!って絶賛されてました。
日本人は痛みに耐えるって習慣があるんでしょうか?
どちらにしても!
ワタシ、譲れない部分は日本スタイルで通す!っていう
Chicoさんのスタイルに1票です!
2006/04/08(土) 14:49:16 | URL | ヴェズ #9enIUaYc[ 編集]
日本人は
とくに女性は痛みに耐えるのが強いらしいですよ。
自然分娩は今も日本では主流だし、
多分、それはこれからも変わらず受け継がれていくような。
耐えることは美徳、ですもんね。

この間、カナディアンの友人達と分娩について話をしてて
自然分娩をするなんて考えられない、という意見が
圧倒的でしたねー。実は私も(笑)!
例え日本で出産となっても、間違いなく無痛分娩を選びます!
無痛って言っても、胎児が産道を通ってくるのは感じれるらしいし、
局部麻酔だから意識はしっかりしてるし。
笑気ガスとかもあるそうなので(これは遠慮したいけれど)、
選べるって確かにすごいと思います。
いやぁ、私には想像を絶することです、自然分娩って。
私以外のニッポン人女性は偉いですよ!!
きっとヴェズさんの出産したお友達、その病院では伝説の人となってるでしょうねー。
最後の最後まで耐えられて立派です。


2006/04/10(月) 11:37:04 | URL | chico #-[ 編集]
ワタシムリムリ
ワタシね、イタイのダメなのよ。子供の頃から。
小学校の予防接種なんて並んでるときからもう冷や汗。
大人になっても歯医者行っては
「痛くないですよね、ネ?」って何度も聞いてるタイプ。
(こちらの歯医者は絶対痛みがないよに注意を払ってくれるから嬉しい)
で、痛みが走るともうギャォ~!って半泣きしてしまう。
「子供でもそんなに大げさに騒ぎませんよ」って
助手のオネーサンに言われたくらい。いやホンットに
イタイんだってばー!
そうそう、だからその友達に出産方法を選べると聞いて
即答で「ワタシ絶対帝王切開」って答えてましたもん。
え?笑気ガスもあるって?やってみたーい!
楽しく産みたいよぉ~。もう考えただけで恐怖。
なんかこういう要素が重なって子供作るゾ感に
達しないのかしら。
そうなの、ワタシの友達も含め日本の女性はエライ!!!
ワタシ無理ですマジで。
2006/04/11(火) 13:47:42 | URL | ヴェズ #9enIUaYc[ 編集]
NO SUBJECT
テレビでとかしか見たことない出産シーンを思い出すだけで
背筋がゾッーとしません?!あんなに辛いのかと思うと
確かに恐怖よね。
なので、私は予定日ぎりぎりまで出産のことはなるべく考えないように…なんてしてます。

でも、Thanksカナダ、痛みを軽減する方法を選択できるし、
ヴェズさんも間違いなくカナダで妊娠・出産するでしょうから、
大丈夫!!躊躇せず、子作り励んでくださーいね(^_-)
ヴェズさんとハンサムご主人のミックス、絶対かわいいと思うよー。
2006/04/12(水) 10:02:56 | URL | chico #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。