スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たくさんの励まし

初めての妊娠で、うれしくてうれしくて早くみんなに伝えたくて、
時期を待たずに8週ごろには家族や友人に伝えてしまってました。

子供を持つことをまだ考えてなかった頃の私は、昔、ひとりの知人から
「流産したことがる」と言われたことがありました。
そのときは、彼女のためにどんな言葉をかければいいのか分からず、
結局最後まで私は、ふさわしい言葉を見つけることができませんでした。
自分の無力さやその歯がゆさが残ったことは、今も憶えています。

それを思い出すと、みんなはきっと私のために何と言っていいのか
分からないだろうなと考えていました。
自分が流産したことを周りの人に伝えなければいけなかったとき、
聞く側のことを考えると、どんなふうに伝えるのがいいのか分かりませんでした。
無理に笑顔をつくることはできなかったし、そうする必要もないと思いました。
ただ、起きてしまったこの出来事を、短めにさらりと伝えるようにしました。

子持ちでもそうでなくても、男女問わず、友人知人からたくさんの励ましをもらいました。
なかでも、「あなたの体が大事に至らなくて本当によかった」という言葉には
涙がたくさん出てきました。
私の心身状態や夫のことを気に掛けてくれた言葉というのは
本当にありがたいものでした。

逆に残念だったのが、意外にも実母と義母でした。
もちろんふたりとも私をとても心配してくれていたのですが、
「原因は何だったの?」、「次またがんばればいいじゃない」など、
それらの言葉は、私の心にグサグサと刺さるものでした。
そしてそれ以上の言葉を聞くことは、結局ありませんでした。
母だからこそ、という期待が私のどこかにあったから
余計にがっかりしてしまったのかもしれません。
もうひとつ、どうしても励ましの言葉として受け入れられなかったのは、「がんばって」でした。
今の私たちにこれ以上、何をがんばれというのでしょう?
がんばらなきゃいけないことなど、今は何一つないのに。
この人はどんなシーンでも「がんばってがんばって」が口癖のようなのですし、男性なので
深く気には留めてませんが、思い出すたび不快な気持ちになります。

ときに見知らぬ人と話の流れで、励ましの言葉をもらうことがありました。
知らぬ人だからこそ、何気ない言葉が心に響くことがあります。

今も、みんなからの励ましの言葉をよく思い出します。
夫とは、お互い気遣い支えあいながら、みんなからの励ましを思い出しながら
今もあの悲しみを少しずつ乗り越え続けてます。
大げさな言い方かもしれませんが、このたくさんの励ましは、
これからも私の人生のなかで大きな支えとなると思います。

スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 10


Comment

難しいですよね
励ますって難しいです。
その人にどんな言葉が一番の救いになるのかなんて
分かりませんもの。恐らく本人にも分からないではと
思います。言われて初めて救われたり傷ついたり。

なんと言ってよいか分からないし上手く言えない。
けど黙ってるわけにもいかず、何か言ってあげたい。
でもそれにピッタリくる言葉が分からない。

「がんばって」という言葉はあまりにも広い意味で使われ易いですし。
その男性の方は不器用で気持ちをうまく表現できないので
がんばってとしか言えなかったのではないでしょうか?
私が一時期原因不明の病気で病院通いをしていて、
自分ではどうすることもできず会社を辞めようかとも考えてた頃、
姉に心無いことを言われました。とっさに返す言葉を失って、
ただ涙がボロボロと出てきました。
姉はとても驚いて「励ますつもりだったの、ゴメン」と謝ってきました。
なので人を励ますのって家族でも難しいんだなと思います。
友人の家族が事故で亡くなったときもすごく悩みました。
何も言わないでただそっとしておいて欲しい人もいれば
何か言葉をかけて欲しいと思う人もいる。
本当に難しいです。
2006/03/16(木) 14:48:27 | URL | ヴェズ #9enIUaYc[ 編集]
同感です
家族って、実は友人関係よりも、ときに難しいときがありますよね。
近すぎて見えてないところが、お互いあるのかもしれないのかな。
ヴェズさんの体調は今はもう大丈夫ですか?
一時的なものだとしても、原因不明というのはすごく心配ですよね。

みな価値観は違うから、励ましのつもりでも人によっては傷つくものだったり、とくに励ましに感じなかったり。
ヴェズさんの言う通り、ただそっとしておいて欲しい場合もあるし。
ましてや自分に経験のないことだと、なおさら何て言葉をかければいいのか、ホント難しいです。
そうゆうときはただ「あなたのことをとても心配している」気持ちだけを
伝えるだけでも通じてくれるような、最近そう思うことがあります。
でも、これも相手によってなのかな…。

ヴェズさんのブログ楽しく拝見してますー☆

2006/03/16(木) 17:05:06 | URL | Chico #-[ 編集]
NO SUBJECT
こんにちは。
流産の状況や心情が細かく載せられていて、とても心をうたれました。
経験した人にしかわからないこの辛さを、Chicoさんがブログに載せてくれた事で、これから妊娠する人や、同じ悩みをもった多くの人が救われると思います。
将来Chicoさんの周囲の人が同じ思いをするようなことがあれば、今度はChicoさんがその人の気持ちを誰よりもわかってあげれるのだと思います。
人生の中で「大きな支え」となった言葉に出会わせてくれた経験、そこで出会った赤ちゃん、周囲の人に感謝しているChicoさんはとてもステキな方だと思いました。
2006/03/16(木) 20:24:11 | URL | kiki #kRIsw062[ 編集]
ありがとうございます☆
Kikiさん

私って本当に、人に恵まれてるって常々思います。
この素晴らしい仲間にいろんなところで助けられてきました。
たとえ距離は遠くても、みんなの暖かさが伝わってきます。
カナダの家族・友人知人にも感謝でいっぱいです。

そして、この上ないほどのお褒めのコメントをありがとうございます!お恥ずかしい・・・。
このブログを初めて間もないですが、書きたいことがこんなにあったんだ~と、
気づいてなかった自分の一面に驚いてます。
感謝すべきことに、今は順調に2人目の妊娠継続中なので、
そちらもこれからUPしていきたいと思います。

Kikiさんのマタニティライフが健康で楽しいものとなりますように。
妊娠線、気をつけましょうね~!
2006/03/16(木) 22:21:37 | URL | Chico #-[ 編集]
絶好調です!
私の体調。ありがとうです。
ありとあらゆる専門医や大学病院を訪ねたにも関わらず、
私の病気はイギリスへ行ってから見事に完治しまして。
大量の薬を持参したのに一度も飲むこともなく。
精神的なものだったのかなと今では思います。

ブログ読んで頂いて光栄ですぅ。私ここでは真面目キャラなので
ちとお恥ずかしい。ヒマなときまた読んでやって下さい。
2006/03/17(金) 09:32:41 | URL | ヴェズ #9enIUaYc[ 編集]
ヴェズさんへ
それは、よかった~!
イギリスへ行ったことで、心身ともに自然治癒されたんでしょうね。
お薬の力を借りるのもいいことだけれど、自然に
治ったということは、ヴェズさんの力で治したということ。
克服できて本当によかった。
私もちょっと似たような経験があるので、
ヴェズさんの状況わかるような気がします。

私もここではマジメ路線ですよ~。
もうひとつやってるブログと比べると、私って
2重人格者みたい、って感じです。
でも、みないろんな顔をもってるし、それを表現
できる場があるし、それでよしです!

2006/03/20(月) 08:38:55 | URL | Chico #-[ 編集]
NO SUBJECT
はじめまして。akiraと申します。
女です。
私も同じく流産を経験しています。
今はまた赤ちゃんがきてくれることを祈り体調を万全に整えているところです。
一連の記事を読ませていただいて、
自分の母親の言葉に傷ついたというところで
こみ上げるものがありました。
私も全く同じ想いをしたからです。
他の方のコメントにもあるように
「励ます」ということがどんなに難しいのか痛感させられます。

母親とは離れて暮らしていますが
最近はあまり連絡をとっていない状況です。
きっと時間が解決してくれるものと思っています。


***
Chicoさんに
元気な赤ちゃんが生まれますように!!!!






2006/04/13(木) 19:21:23 | URL | akira #-[ 編集]
はじめまして☆
母親と娘の関係って簡単じゃないですよね。
同じ女同士のせいなのか。
一番近い女性なのに、分かっているようでお互い分かってないような。
でも、やっぱり親子ですから、時間が解決してくれます。
たとえ多少、時間がかかっても。
私の母・義母と同様、世代が違いからくる価値観の違いなのか、
ただ単に経験したことがないから、そんな言葉が出たのか。
今、思えば決して、傷つけるような言葉ではなかったですけどね、
でもあの時は、自分に負い目をすごく感じてたし、
それに追い討ちをかけられてるような気がしました。
それが実母だったら、なおさら傷つきますよね。
でもAkiraさんのお母様きっと今も、Akiraさんのこと
とても心配してるはずです。

Akiraさんのブログにお邪魔したところ・・・
以前にお邪魔したことがありました!そのとき実はコメントを残そうとしたんですが
禁止ワード?でエラーとなり投稿できなかったんです。
何回かトライしたんですが、コメントを残したい・・・。
どうすればいいでしょう?

来て下さって、ありがとうございます☆
また覗いてみてくださいね。待ってます。
2006/04/13(木) 23:20:07 | URL | chico #-[ 編集]
NO SUBJECT
akiraです。
昨日はchikoさんのエントリーに触発されて、母とのことを書いてみました。
でも、まだ母とは話せていません。
時間がかかるみたいです。やっぱり・・・

ところで、コメントの件、
以前、変な(制服がどーのとか)コメントが寄せられるようになったので
禁止ワードをかなり厳しく設定してしまったのです。

エロを連想させるもの思いつくまま・・・
すると、
エロも減りましたが、
コメントも減りました・・・
ちょっと禁止ワードについて減らしてみますので
また遊びに来てくださいね!

ところでところで、
chikoさんのこのブログ、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

chikoさんのマタニティーライフを見守りたい!っ
よろしくご検討下さい。
2006/04/14(金) 17:26:38 | URL | akira #-[ 編集]
できました!
私も思いつくままいくつか禁止ワード設定してます。
ヘンなのが多くて、困りますよね。
早速、もう一度コメントを投稿しようとして、
またエラーになってしまい、いろいろ変えてやってみたところ…
分かりました!!私の名前Chicoが原因だったようです。
なので、カタカナでチコとしてコメントいたしました。
お騒がせしました。本文ではなく、私の名前でした。おはずかしい。

ブログリンク、大大大歓迎です。
私も早速、Akiraさんのブログをリンクさせてもらいます!
Akiraさんのブログ、気になる情報盛りだくさんで
とても参考になります。
過去の記事でも「ああ、そうそう!」というのがたくさんあったので、
これから随時、コメント投稿していきますね☆

お母様とのことは、まだ準備ができてないなら、もっと時間が必要って意味だと思いますし、
その気持ちはとても自然なことだから、無理はしなくていいと思います。
私も何度、母を許してきたことか・・・。母も同じ思いでしょうけれど。
Akiraさんの言うとおり、時間が解決してくれるはずです。
多少、時間をおいても、そこは家族。また普通に話せるときがくるはずですから。


2006/04/14(金) 23:22:52 | URL | chico #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。