スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長い4日間:3日目

2005年7月12日(11週)

夫と泣きながら夜を明かした後、この日の1時から始まるL先生の診察へ。

「昨日の超音波検査で、そこの医師に何と言われましたか?」と最初に聞かれました。
結果は届いてるはずなのに、どうして私にそんなことを聞くんだろうと思いました。
でもすぐにその意図が分かりました。
本人が結果をちゃんと認識してるかどうかを確認するためだと。
私はなるべく淡々と話すようにつとめました。泣き出したくはなかったのに、
その事実を自分の口で説明してる、そのことに涙があふれ出ていてしまいました。
そしてL先生は、「その通りです。本当に残念だけれど。」と話を続けました。
詳しい検査結果をしなければはっきりいえないが、でもほとんどのケースが
胎児の染色体異常であり、母体つまり、あなたには何の非がないから、
絶対に自分を責めてはいけない、と診察の間何度も先生は繰り返しました。
そして流産というのは、北米では20%、5人に1人の割合で起きることで
決してめずらしいことではないこと、など話が続きました。
私はぼんやりと、どうしてその20%に自分が入ってしまったのだろうと考えてました。
それは、今もときどき考えてしまいます。

そして、ソウハの方法を3つあるので選んでくださいとのこと。D&C(ソウハ手術)、
飲み薬によって組織を出す、そのままにして自然に組織がでてくるのを待つ、この3つでした。
私は迷わずD&Cを選びました。
私はL先生に、1秒でも早くこの事実を終わらせたいこと、翌週に控えてる
日本への帰省のスケジュールを絶対に変えたくない、ここカナダから抜け出して
すぐにでも日本に帰りたい、ということを伝えました。

そして翌日、UBC病院でD&Cを受けることになりました。
これはかなり異例だったと思います。日本では当日、また翌日に
ソウハ手術が行われるのが普通だと思いますが、
こちらでは3,4日、1週間近くも待つそうです。
私の気持ちをくんでくださった、L先生と手配をしてくれたスタッフの方は
受け入れ先の病院を探すのにかなりご苦労されたことと思います。

診察費は、$245でした。

スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。