スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チビが泣く、私も泣く

先週はとてもとてもとても過酷な日々でした。
チビとの生活がこんなに困難に感じたのは生後1ヶ月以来で
久しぶりにストレスに満ちあふれた毎日でした。

何だか最近やけにぐずるなと感じ始めて、その翌日にチビは発熱。
Teethingだろうと思って、友人看護婦のお薦め対策
乳幼児用タイレノールを与えること2日間。
熱は出たり下がったりで、それでもチビの機嫌が悪い。
何をしても、不機嫌→泣きじゃくるの繰り返しが朝から晩まで。
そして、しまいには夜には何度も起きてはぐずったり泣いたり。
4日目にクリニックへ連れて行って、処方箋を出してもらいました。
でもそれも何だか効いているのかどうかというかんじ。
熱が完全に下がった後、体中に湿疹が。
どうも突発性発疹だったようです。
その後は、いつもの笑顔ニコニコの静かなチビに戻って
私と夫の生活も、元に戻りつつあります。

24時間一緒の私には、睡眠不足もあり
もうクタクタを通り越えて精神的に参ってました。
こんなときに限って、夫の仕事が忙しく帰宅は遅いし手もあまり貸してくれず、
疲れと孤独感いっぱいでイライラと半泣きの繰り返し。
産後以来、たぶん始めてかもしれません、こんなに困難を感じたのは。
なにはともあれ、彼の体調が戻り、いつもの彼に戻ってくれて本当にホッとしました。

さて、今日はバレンタイン・デー。
今日は夫と私の5回目の結婚記念日です。
でもカナダにいるときは、結婚式をした6月に
式を挙げたレストランでお祝いしよう、となっているので
今日は何もロマンチックなイベントはなしです。
あったとしても、ほとほとそんな気分ではないですけれどね(笑)。
皆様には楽しいバレンタイン・デーとなりますように。




スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 子供たちのこと | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


Comment

チビちゃん、大変でしたね。
日本の小児科医だったら突発性だってすぐわかるでしょうに。
やっぱりこういう時にカナダの医療への不安&不満がつのります。
でも、やっとよくなってよかった☆

チコさんの泣きたい気持ち、自分の今の気持ちと重ね合わせています。
夜泣きが始まってから10日程経ちましたが、慣れるということはないですね。
赤ちゃんの泣き声というのはホントに精神的に堪えます。
今、ウチの主人も仕事がとても忙しく、夜もほとんど手伝ってもらえないので、気持ちとてもよくわかりますよ。

前にも書いたと思うけれど、やっぱりこういう時に近くに気持ちをシェアできるママのお友達がいるといいですよね。
母が日本に帰ったら、ウチの息子を連れて遊びに行ってもいいですか?
二人でおしゃべりして、ストレス解消しましょう!
2007/02/15(木) 13:36:04 | URL | お銀ちゃん #-[ 編集]
★お銀ちゃん

私も日本だったら、この手の病気ならすぐ医師が判断できるのにと思いました。
信頼しているPDなだけに、この誤にはちょっとがっかりでした。

お銀ちゃんは今、まさに一番大変なときだと思います。
私も最初の1,2ヶ月は心身ともに疲れてました。
1,2時間ごとの30分かかる授乳に、私の1日はこれで過ぎていく・・・と
我が子はかわいいけれど、こんな毎日がいつまで続くのだろうと思いました。
休むまもなく、息子さんの夜泣きが始まってしまったんですね。
夜中の泣き声はこたえますよね、辺りが静まり返っているだけに
何かこう、孤独感を感じるんですよね。

暖かい言葉ありがとうございます。ちょっとウルってきてしまいました。
スカトレ+シーバスで私もそちらに行きます!
甘いものでも食べながら、たくさんお話しましょう!

2007/02/16(金) 20:52:38 | URL | Chico #-[ 編集]
この間、お友達と出掛けて少し息抜き
出来たみたいだったから良かったな~
と思っていたんだけど、大変でしたね。
こういう時に感じる孤独感ってキツイだろうな、と思います。
この間もUS在住の方で、実は子供が突発性発疹だった、
っての読みました。子供の事となると(自分もだけど)
医療関係しっかりしてないと心配ですよね。
頼って行くお医者なのに、ほんとか?なんて
思いながら行きたくないですもんね。

でも、いつものチビちゃんに戻って良かったです。
お銀ちゃんさん(こんにちは)と2人でいろいろ
ブチまけて発散して下さい☆
2007/02/17(土) 09:51:54 | URL | sucai #DNnXxH5U[ 編集]
★sucaiさん
自分のことならさておき、やはり子供のことになると
ちゃんとしたところで、ちゃんとした医師を、となるんですよね。
ましてや言葉がまだ話せない赤ちゃんなので、頼れるのは医師だけというのが現状。
日本でも違う診断をされることもあるけれど、
言葉と感覚の違いで余計に、なにかこう、歯がゆいものを感じます。

もうすっかりチビは、いつもの彼に戻ってくれたようで
はぁ・・・悪魔と天使の違いだなぁーと感じてます!!
次回また病気にかかったとき、また悪魔に変身するのかと思うと・・・。

気にかけてくれてありがとう。また明日もがんばろーという気持ちです!
2007/02/19(月) 10:05:22 | URL | Chico #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。