スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボランティア

毎月1度、とある学校でボランティアをしています。
10月から始まって、今回で5回目になりました。
幼稚園のクラスで、たった30分の授業に参加するのですが、
生徒たちも私も、毎回この授業を楽しみにしてます。

このボランティア活動、私はあくまでも保護者としての付き添いで
主役はチビなのです。えっ?赤ちゃんがボランティア?そうなのです。
チビは生後2ヶ月でボランティア活動を始めたのであります。

しているボランティアというのは、「Roots of Empathy」というプログラム。
新生児の赤ちゃんの成長を1年間に渡って見続け、その成長による変化やふれ合いと通して
人への思いやりなどの健全な心を養うこと、それによって、
いじめや暴力の減少や親になることの重大さを感じる(=10代の妊娠を防ぐ)など
いろんな効果を目的としています。
カナダで生まれ、まだ創立6年ほどなのに、とくに幼稚園クラスを中心に
たくさんの小学校、中学校などで取り入れられています。

当初、担当の先生には「付き添いで来るだけで、何もしなくていい」と言われてたのに
回を重ねるごとに私の出番が増えてきてしまってます・・・。
担任が「みんな、お母さんへの質問はあるかな?」と生徒に問いかけるので
積極的な北米の子供たち、いろんな質問をぶつけてきます。
幼稚園なので、とてもシンプルな質問ばかりなのですが
シンプルだからこそ、ときに答えられないことが。
「どうして、赤ちゃんは歯がないの?」
「どうして、赤ちゃんは遊ぶの?」などなど。
子供たちにとっては”ママは何でも知っている”はずなのに。
いやいや新米ママということで許してちょうだいな。

このプログラム、教育再生を目指す安部首相に知ってもらいたいですねー。
日本こそ、このプログラムが必要なのではないかと思うのです。




スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 子供たちのこと | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


Comment

日本でもどこかの地域ではコレと全く同様のことが行われているのをテレビで見たよ。
ドキュメント形式での放送だったんだけど、
ベビちゃんを世話して1年が経過した子ども達の表情、
とてもすばらしかったよ。
ベビちゃんを家族のように扱っていた。
いいプログラムだなーと。

チコちゃんもこのボランティアやってるとはね!!
オドロキ!いいぞ!

自分の子どもが自分だけではなく、
地域の皆さんに育てられるだなんて
素敵だな。


追記:
あなたのお子さん?って通りすがりの人も
フレンドリーなんだか、
なんだかなー。

しかし、夫と半分半分って
ほんと遺伝子ってよくできてるねー(笑)
2007/02/21(水) 20:21:38 | URL | akira #-[ 編集]
チコさん、すごいねぇ。
まだべビィが小さい頃からボランティアを考えるなんて、素晴らしい!
私もこのプログラムのことTVのニュースで見たことありますよ。
チコさんに感化されて、早速ボランティア希望のメールを出しました。

自分のべビィにも、そして地域の子供たちにも為になるプログラムですよね。
私も2ヶ月くらいから参加しようかな。
今度会った時にもっとお話し聞かせてくださいね☆
2007/02/22(木) 12:53:40 | URL | お銀ちゃん #-[ 編集]
★akiraちゃん

おお!日本にも同様のプログラムがあるとは!
何だちゃんと考えてるじゃないか、ニッポン!
こちらもそうだけど、一人っ子の子供が多い、だから
こうゆう機会を設けると、その子供たちにとって
赤ちゃんって・・・自分より年下の子供って・・・っていうのを体感できると思うのね。
自分より、か弱い存在があることを知る、それって大事だよね。

実は・・・勢いでいつだか内閣のHPに、このことをEmailしことが(笑)。
そしたら、参考意見としてウンタラコンタラ・・・という返事がきた。はは。



★お銀ちゃん

いやいや、私はこのプログラム全く知らなかっただけでなく
ボランティアなんて、チビにはずっと先のことと思ってました。
臨月のとき、幼稚園の教員をしている友人から「ボランティアを探している」というのがきっかけでした。
で、2ヶ月以降から始めるのが原則らしいので
それで、新学期がスタートしたころとタイミングよく、
チビが2ヶ月になり・・・という感じだったのです。
私たちにとっては、カナダの学校の現場も見れるチャンスなので、
将来の参考にもなりますよね。
とにかく、このプログラムを知っている人はみな口を揃えて
「素晴らしいプログラム」と言います。私も同感!

お会いした時にでも詳しくお話します!


2007/02/22(木) 20:00:40 | URL | Chico #-[ 編集]
なんて素晴らしいプログラムなんだ!
言葉でただ教えるより実践させる。
まさに”経験に勝るものはなし”ですね。
ほんと今の日本にはとても必要だと思うな。
(日本でも実施してる所があるなんて嬉しい限り)
アメリカにも流れてきてるかな?

いつか紹介したコラムに安部首相への不安(性教育について)があったけど、
子を持つ実感と実体験がない彼から果たして役立つ教育が生まれるのかな?
と思ったりします。子供がいればと言う訳ではないんですが、
実子の心配なしだから、その違いはあるんじゃないかな?と。
子供がいない私が「子育てはどう」と言えない立場と同じとでもいいましょうか?
2007/02/23(金) 13:00:07 | URL | sucai #DNnXxH5U[ 編集]
★sucaiさん
おっしゃる通り!”経験に勝るものはなし”ですね。
子供は頭で理解するよりも五感で感じ取る方が優れているから
こういう方法でアプローチするのは効果があると思います。
でもボランティアの回を重ねるたび、学習させてもらっているのは実は私で、
彼らの独特の感性にときにハッとさせられたりして。

子育てノウハウに関しては、確かに実践者のほうが説得力があるかも。
でも教育に関しては、いろんな分野からの考えや提案があってもいいと思いますよ。
その国民性や環境にあった教育を全ての子供たちは平等に与えられるべき、と私は思ってます。
子供のいないsucaiさんだって、”教育はこうあるべき!”って堂々と意見していいんですよ!
ただ安部さんは、国を担う責任者として、そうですね、
いろんな人の意見に耳を傾け
その中から正しいチョイスをしてほしいですね。なんて偉そうですね、私(笑)。



2007/02/26(月) 14:35:51 | URL | Chico #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。