This Archive : 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嘔吐下痢症

子供たちはクリニックに連れて行かなければならないほどの病気になることは
ほとんどないのですが、今回のはひどかったので診てもらうことにしました。
でも、(案の定)とくに処方箋が出たわけでもなく、ちゃんと病名を言ってくれたわけでもなければ
目新しい対処法もなく、ああ、またか・・・なのですが。。。しょうがない。

今年に入って、3回目。
ロタウィルスによる嘔吐下痢症(のようです)。
今回、とくに息子のチビはかなりひどい症状で
脱水状態にならないか心配なので
水分を与えようとするのですが、あれもこれも断固拒否。

ファーマシーで勧められた「PEDIATRIC ELECTROLYTE」
というかチョイスがなかったというほうが正しい。。。

               Pedia20fruit201L.jpg

これは、グレープ味とフルーツ味の2種類を買いましたが
ジュース風だけれど、あまり美味しくないようで
チビには受け付けませんでした。


じゃ、こんなのは?と、同じメーカーから出ている
凍らせてアイスキャンデー風にして食べる「FREEZER POPS 」

                PED-ELEC-FREEZER-POPS.jpg

フレーバーが全種類あり、これなら見た目もいけそうだ!と思ったのですが
本人は、これも「No thank you」・・・。


結局、彼が口にしてくれたものは、麦茶。
食べてくれたものは、納豆入りのおかゆ。

第一言語が英語になってしまってるチビなだけに
こんなところで、日本人な彼を感じれて母としてうれしかったです(笑)。




参加してます。一押しお願いします☆




スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0


価値観の違い。大人になりきれない自分。

最近、とっても久しぶりに一人でバスに乗りました。
エリアのせいか、まわりの乗客のほとんどが移民の人ばかり。
東ヨーロッパ系のお年寄り、中近東系の親子、中国系の人、難民であろうアフリカ系の人。
車内ではいろんな言語が飛び交っていて、
カナディアンはドライバーさんだけだったかもしれません。
この街には、いろんな国からの人が違うバックグラウンドを持ち
それぞれ違う常識や価値観をもってここで生活をしている。
そんな光景を見ながら、いつかのことを思い出しました。

児童館のようなところでのこと。
黒人の3歳ぐらいの男の子がいました。
でも彼は少し乱暴なときがあって、きっとそれは年頃のせいなんだと思いますが
その男の子が、知り合いのお母さんの娘さんに近寄ってきたとき
そのお母さんは、冗談っぽく私にこう言いました。
「あの子って乱暴だよね。外見からしてさ、なんか怖いよね、黒人の子って。」
そう言って、娘さんを抱き上げて、その男の子から離れていったのです。
私はそれを聞いてすごくビックリしました。
その人が、そういった考えをもっている人だとは思ってなかったし
しかも口にしたことに驚きを隠せませんでした。
でも、私は彼女のその言葉にはとくに否定も肯定もしませんでした。

いつものように、”みな、いろんな価値観があるから”、と。

私はいろんな考えがあることを否定的にとらえたくなくて
たとえそれが自分の価値観や世の中の価値観とズレてても
それはまた違った考えがあるのだと、それはそれでいいのだと思っているのです。


でも。


この件の後、そのことを思い出すと心がモヤモヤなまま。
考えるたびにムカムカ度が上っていくのです。

それ以来、そのお母さんの言動に首を傾げたくなることが多くなり
些細なことでも、気に障ってしまうようになってしまいました。
状況がそうなると、顔をあわすことすら億劫になってきてしまう。。。
もういい歳して、自分ってまだ幼いなぁ・・と凹む反面、
どうしても流してしまうことができない自分。
世の中には、いろんな人がいるんだからと分かっているはずなのに。










TrackBack : 0
Comment : 6
Category : 夫と私 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


Butter Cup

三連休だったときに、義姉家族と公園で遊んでたときのこと。
お義姉さんのところの一番下の女の子、メグンが両手に何かをもって走ってきました。
「chicoおばさん、見て見て~!」と手のひらには、たくさんのbutter cupの花が。

butter cup

夫が下の娘べべをいつも”Butter cup”と呼ぶんですが
私はこの花をマジマジと見たことがなかったので
いつも、気にはなっていたんです。
小ぶりの鮮やかな黄色。花びらの表面はツヤがとてもありキラキラしてます。
とっても可憐な花なんだぁ・・・と思いきや、
有毒な成分をもっているとのこと(といっても、皮膚がかぶれる程度のようです)。

春になれば、道端に普通に咲いているのにその存在に気づかずにいましたが
外を歩くたびに、「あ、butter cup!」と嬉しくなる楽しみができました。





参加してます。一押しお願いします☆






TrackBack : 0
Comment : 4


東南アジアへ大移動

とっても唐突ですが、私たち家族は引っ越すことになりました。
行き先は、シンガポール。
まわりにアナウンスするたびに、「はっ?シンガポール?!」と必ず目を丸くされるのですが
それは当然で、夫と私には何の関連もないところなだけに、まわりには驚かれるばかりです。
というか、これが決まったときには私たち自身、心底驚きました。
自分たちで選んで決めたことですが、そもそも実現の確立がとても低ーい事で
しかもこんな早々に事が起きるとは想像もしておらず
分かったその晩は、夫も私も眠ることができなかったほど。
しばらくは、まるで他人事のようというか、実感がほとんどなかったのですが
引越しまでの時間があまりないので、そうぼんやりもしてられず、
やっと事が現実味をおびてきた今は、新たな生活へのワクワク感が高まっていってます。
その後は、期間限定で日本で暮らすか、それともすぐにカナダに戻るかは未定ですが
とりあえず2年間はシンガポールで暮らすことになりました。

夫側の家族、ここで出会えたたくさんの素晴らしい人たちとの一時の別れ。
短期間だったけれど、私たちが初めて所有した住まい、
そこは、子供をふたり迎え、たくさーんの思い出がつまった場所との別れ。
他のことはさておき、この3つだけは後ろ髪がひかれる思いでいっぱいです。
自分たちなりに考えて行動したことなのに
今になって、”これは本当に正しい判断だったのだろうか”とたまに頭によぎります。
でも、その答えは、シンガポールでの暮らしを終えた時に、
きっと初めて出る答えなのだと思います。と、自分に言い聞かせて。

これをきっかけに、旅ガラス一家となったりしませんように。。。




参加してます。一押しお願いします☆



TrackBack : 0
Comment : 6
Category : 夫と私 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


二番目だから?女の子だから? ~べべ14ヶ月

娘べべの発達の早さにはいつも驚かされるばかり。
とくに言葉の習得の早さには、これが2番目なのか、
それとも女の子だからなのか、よく分かりませんが
とにかくこんな早くからコミュニケーションがとれることに感激です。

眠くなれば、「ナイナイ(night night)」
おっぱいが欲しいければ、「パイパイ」
おやつが欲しければ、「スナック」
本を見たければ、指を指して「ブック」 などなど30語ぐらい。

言葉を発するだけでなく、言葉をちゃんとコミュニケーションの
ツールとして使ってくれているところに驚かされます。


でも・・・・

もしかしたら、これはとてもおしゃべりな女の子になる証拠なのでしょうか???


義父は留守電に20分間のメッセージを残したことがあるほどの、
正真正銘のおしゃべり好きな人なのです。
(↑しかも、そのメッセージはしゃべり終えれず、テープが残ってなくて勝手に切れた!
留守電相手にそんなに長く話せる人なんて、そうはいないですよね。。。

これはもしかしたら二人目だからとか女の子だからとかではなく、
ただの遺伝・・・しちゃったのかもしれませんね。。。


 
elina.jpg 
顔立ちは、まさに私の”ミニ・ミー”。
 



参加してます。一押しお願いします☆





TrackBack : 0
Comment : 10
Category : 子供たちのこと | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


カナダの旅行会社

カナダで旅行会社を利用することは、ほとんどない私たちですが
日本へ里帰りするときには、いつも利用する旅行会社があります。
IACEトラベルCANADA

支店があるダウンタウンから離れた今は、問い合わせや購入をするときには
いつもEメールでやりとりさせてもらってるんですが、とにかく対応が早い!
賑やか子供たちがいては、電話ではなかなかちゃんと話しがすることもできないので
Eメールだけで、問い合わせから決済まで全てが完結してくれるのが非常にありがたいですし
小さな子供との旅なだけに、細かいリクエストが生じてしまうのですが
それも快く迅速丁寧に対応してくださります。
バンクーバー支店だけでなく、今回はトロント支店でもお世話になったのですが
こちらも同じく、迅速丁寧な対応。

カナダのサービスに慣れてしまったせいか、たまにこうやって日本式サービスにあやかると
その素晴らしさに感激してしまうのですが、それだけではないような。
父の危篤のときの急な帰国のときも、それ以外の普通の里帰りのときも
変わらずプロフェッショナルな仕事をしてくださる。
カナダで旅行会社を使われるのなら、ここはオススメです。




参加してます。一押しお願いします☆





TrackBack : 0
Comment : 2
Category : All about Canada


PMSで鍼に通う

2ヶ月間ぐらいという期間限定で、ベビーシッターさんを雇うことにしました。
週に2日間、各3時間、というペースで子供たちをみてもらっているのですが
毎回、あっというまに時間が過ぎていってしまいます。
一人で身軽だからこそ、いろんな用事を済ませたい、
自分のための時間もちょっと欲しい・・・というわけで
気がつけば、シッターさんにお願いするようになってから
あっというまに1ヶ月が経ってしまいました。
平日の昼間に一人の時間が取れるようになったおかげで
思いがけなく鍼治療にも通うようにもなりました。

ファミリードクターでのオフィスで、何気なく目にした小さなパンフレット。
「鍼とは~・・・」と説明書きから始まり、鍼がPMS改善にも効果がある、とのこと。
自宅に戻った後、私たちが加入している民間保険会社が
針治療がカバー対象になるかどうかを確認。
年間500ドルまで全額カバーしてくれる。
一回の治療は47ドル。ということは、10回は全額無料。。。

よし、ちょっと試してみよう!

と、軽い気持ちで、早速予約を入れて治療を受けることに。


鍼をしてくださるのは、男性中国系の方。
軽い問診をし、早速治療が始まりました。
鍼は全く初めての経験なので、質問攻めの私だったのですが
先生は穏やかな方で、終始にこやかに答えてくれました。
そして、「効果はどのぐらいから分かるのですか?」との質問には
「今月から分かりますよ、いつもと違うはずです。」
半信半疑だったのですが・・・ありました。効果を感じました!

私のPMS(1週間から10日間)は、
・痛み止めが必要なほどの頭痛と肩こり
・眠気やだるさ
・注意力の散漫(これはいつも??)
・イライラ、気の沈み 

治療はPMSの期間の10日間ほどが限定で、月に2・3回のみ。
先生いわく、針の効果は痛みを和らげるだけのものではないとのこと。
体内の血流や気の流れをもっと良くする効果があり
それによって、免疫力を高めたりホルモンバランスを整える効果がある、そうです。
ちなみにストレスにも効果があるとのこと。

ピルに頼ろうかなと一時期は考えてたのですが
薬ではなく、副作用もない鍼治療が今の私には合っているようです。
この様子なら、あと2,3ヶ月も続ければ、もう通わなくてもよさそうなかんじです。
改めて、スゴイなぁー、東洋医学!




参加してます。一押しお願いします☆






TrackBack : 0
Comment : 8
Category : All about Canada | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


カレンダー(月別)

04 ≪│2009/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。