This Archive : 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪の3日間

日曜日から大雪に見舞われて、ちょっとお散歩程度に外へは出たものの
ほとんど家で過ごすような、この3日間でした。
お腹が大きいというのに、前回の妊娠のときのようなグウタラしたい気持ちは
今回は全くなく、アパートメントの共通エリアの雪かきをしたり
パティオに出てチビと雪遊びをちょっとしたり。

完全防備にさせたチビ。映画「アウトブレイク」のよう(笑)
DSC02736.jpg

このレインスーツは、ベイビーシャワーのときに頂いたもなのですが、
サイズが”18ヶ月~なので、ついにやっと出番がやってきました。
メーカーは「Mountain Equipment Co-op」のものです。

DSC02737.jpg
ちりとりで雪かき?を楽しむチビ。


そして、お家に入って自家製おしるこを。
市販のあんこは甘すぎて、妊娠性糖尿には大敵・・・
カナダで暮らし始めてからは、あんこは
小豆から煮て砂糖控えめのあんこを自分で作ります。
普通の御餅の代わりに、もちこで作ってみました。
mochiko.jpg


DSC02735.jpg

冷えた体も暖まって、おいしかった~




参加してます。一押しお願いします☆








スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 子供たちのこと | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


変わりゆくバンクーバー

最近、とても残念だなと思うことがあります。
バスの運転手さんの対応です。

こんにちは、ありがとう、と声をかけても
知らん顔の運転手さんが最近多いような気がします。
ストローラーのブレーキをかける前や、お腹の大きい私が席につくまえに
いきなり急発進なんてことも多々あります。
以前は、こんなことは稀だったように思うのですが。
たまたま乗り合わせたタイミングが悪いだけのことのようには思えなくて。

乱暴な運転は、きっと交通渋滞の悪化のせいなのでしょうが
最近は、運転手さんが乗客に暴力を振るわれるようなケースが増えたりしてるので
もしかすると運転手さんが乗客を信用しない、
フレンドリーにはしないようにしてるのかもしれません。
でも新聞で見かけた記事では、運転手のサービスや
乱暴な運転の仕方へのクレームが増えているとのこと。
何だか、ことが悪循環な方向へ向っているような・・。
バンクーバー、中都市から大都市化になってきているなぁと
こんなところでも感じる最近です。




参加してます。一押しお願いします☆




TrackBack : 0
Comment : 4
Category : All about Canada | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


ショッピングカート



チビがこの1ヶ月愛用しているもの。
ショッピングカートです。

Cart.jpg
これに、家中のものをカートに詰め込んで
狭い我が家の中を行ったり来たり。

ショッピングカートを好きになるのは、女の子、と勝手に思っていたのですが
実は男の子とでも好きというのが多いらしいく
チビもこれはとても気にいっています。
買い物デビューもそう遠くはないのかな。




参加してます。一押しお願いします☆




TrackBack : 0
Comment : 6
Category : 子供たちのこと | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


産科健診 ~32週 9ヶ月

新しい担当医W先生との2回目の診察です。
W先生、とある大学の医学部2年生2人を連れての登場。
診察を見学させたいとのこと。快く了解しました。

診察中、W先生は学生たちにたくさんの質問を浴びせてました。
ちょっとオロオロしながら答える若い男子医学生。
あまりにも可愛らしくてクスクス笑いそうになるのをこらえてましたが、
まだ2年生のせいなのでしょうか、答えられない、不正解が多いこと!

例えば、「胎動は何週ぐらいから感じるのか」とか
「妊娠中は体重増加はどの程度が基本か」とか「胎動の心音の平均数は」など。
間違った数字どころか、ときには「ワカリマセン・・・」なんて言っていて
ちょっとビックリしてしまいました。この手の内容は基本のような気が・・・。
代わりに私や夫が答えて、W先生に「合格~」と言われたりして、
学生たちには冷や汗の勉強会だったかもしれません。

そして、こんなやりとりの中で、今日改めて感じたのが
W先生に代わってもらって正解だったということ。
学生たちへの説明の仕方だけでなく、患者への配慮などのこともきちんと教えていて
私の直感”この先生はいい、きっとそうだろう”というものから
確信に変えたように思います。

そして最後にいい知らせが。
べべは逆子から正常な位置になっているとのこと!
でも、また逆子になってしまうかもしれませんが
今後は位置が定まってくるので、そんなに心配はないかもしれません。
思いがけなく、こんなに早くなおってくれるなんて。よかったよかった



参加してます。一押しお願いします☆



TrackBack : 0
Comment : 9
Category : 3度目の妊娠 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


ハーブティーを楽しむ

夫と私は、ほぼ毎日夕食後にハーブティーを飲んでいます。
妊娠してからは私は夕食後だけでなく、日中もたくさん飲むようにしています。

妊娠中ということでとくに意識して飲んでいるハーブティー2種。
ネトルティー。
4498464af2b95.jpg

妊娠中不足しがちなミネラルや鉄分を多く含むので貧血予防にいいとのこと。
その他、花粉症の不快症状を和らげることでも知られています。
そして、このネトルティー、血糖値を下げる!効能もあるとのこと。
私は食事のときに水代わりで飲んでいます。


そしてラズベリーリーフティー。
raspberry leaf

予定日の2ヶ月前ぐらいから定期的に飲み続けれると
子宮と骨盤の筋力を強くし、お産をスムーズにする効果があるとのこと。
子宮の収縮させる効果もあるそうで、産後の回復にも役立つそうで
その上、栄養価の高い母乳が出やすいそうです。
産前産後には欠かせないお茶のようですね!
 参考にされる方は医師に相談されてから飲まれてください。
  子宮を収縮させる効果があるので、初期は不向きと言われています。


前回は妊娠10ヶ月間は味覚がちょっと変わってしまったか、
ハーブティーを飲みたくなく、ネトルもラズベリーリーフも全く飲みませんでした。
今回は中期と後期が秋冬ということもあるせいか、ほぼ毎日飲んでいます。
さて、この2種のハーブティー、お産への効果はどうなのか、ちょっと楽しみです。


参加してます。一押しお願いします☆


TrackBack : 0
Comment : 5


夫の冬休みが終わって

夫のクリスマス休暇は3週間。今週からまた仕事再開となりました。
夫と一緒に過ごせるのはとても嬉しいのですが、
彼が長期の休みに入ると、どうしても生活が狂いがちに。
チビのお昼寝サイクルや私の生活リズムも狂ってしまうのですが
彼が仕事に戻って、私とチビもまた通常生活が戻ってきました。

冬休みの3週間はあっというまで、
1週目~2週目は、家族と親戚と過ごすことが大半で自宅もほとんど留守に。
3週目は友人達を招いたり、招かれたりで、
これまたあっというまに時間が過ぎてしまいました。
楽しい時間というのは、過ぎていくのが本当に早いですね。

そして夫は・・・
帰宅すると早々「I Missed you so much---」とチビへキスの嵐。妻は二の次。
休み明けはいつもこうなのですが、いまだに、その姿を見るたびちょっと気の毒です。
私が仕事してこの家族を養っていけるのなら、彼に主夫になってもらうのに(笑)。

次回の長期休暇は3月中旬です。たった2ヵ月後!
2週間の春休みがやってきます。
でも、この休みはべべの誕生で、全ての時間が私たちに費やされることになります。
その頃の私は、睡眠不足に新生児の世話でクタクタになっていることでしょう。
元気に走り回るチビのこともありますし、夫の協力は不可欠です。
彼の2週間の休みは、私たちを世話することで終わってしまうでしょう。
でも、少しでも彼の負担にならないよう、
巣ごもり支度を少しずつ今からせっせと準備を始めなければ。
食事の作りおきや日用品の買い置き、ベイビー用品のことなど
今から私だけでできることはたくさありますし、予定日まで、まだ7週間もあるので
その時にみんながストレスになりすぎないよう、私もがんばらなくちゃと
仕事に戻った夫の姿を見ては、そう思うのです。
夫よ、今日もお勤めご苦労さま。



参加してます。一押しお願いします☆









TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 夫と私


Poker Night

同じNWに暮らす友人からポーカーパーティ(?)にお呼ばれしました。
チビも連れて行ったので、私はゲームには参加しなかったのですが
計9人でプレイとなり、なんだかすごい大ゲームに。

チビは夫の膝の上でチップをかじる始末。チョコレートじゃないんだよー。
DSC02672.jpg


飽きると、友人のわんちゃんを追いかけ。。。こらこら!
DSC02671.jpg


私とチビは途中で退散して、夫は友人宅に残りゲームを続けていたのですが
夫はまずまず順調に勝っていたのですが、最終的には負けでクローズ。
ま、お遊びなのでこのぐらいで丁度良しですね、熱くなってもらっても困りますし(笑)。
次回は私も!




参加してます。一押しお願いします☆



TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 3度目の妊娠 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


産科担当医を替える ~30週 8ヶ月

残り10週だけだというのに、産科医を替えることにしました。
前の先生がとても不満とかではなかったのですが、
初診から今まで顔をあわせたのは、たったの2回!だけで
それ以外の診察はサブの医師ばかり(しかもその度に違う)で
その先生と信頼関係を築けないまま、臨月を迎えるのはちょっと不安でした。
その先生は副業で整形外科的なことをしてて、そちらが忙しいのかな・・・というのも
何となく嫌でしたし・・・そもそも、その先生にこだわる理由は何もなかったのです。

30週(12月下旬)の健診でのこと。
私がこの妊娠で通っているクリニックでは、医師は曜日ごとに違います。
私は”女医”を(何となく)希望していたので、木曜日と決まっていました。
クリスマス中は留守が多かったため、いつもの木曜日から
金曜日に変更してもらったことがきっかけでした。

今日はどんな先生なんだろう。。。名字は中国系。女医なのかどうかも知りませんでした。
そして診察室に先生が登場。

え?この人が今日の先生?←すごい失礼ですね・・・。
靴下にツッカケのようなサンダル履き、白衣はしわが多く、パッと見た印象が
何かこうモサッとしたような・・・清潔感をあまり感じない男性の医師でした。←言いたい放題ですね。

そして診察後。
久しぶりに、いいお医者さんに出会った~と感じたのです。
いい医者とは、私にとって、という意味で、
無駄がなく簡潔で明確、迅速な決断力があり、かつ不安を感じさせないこと、です。
必要以上の笑顔やサービス精神などは一切求めません。無愛想でも構いません。
プロフェッショナルであってくれれば、それで十分なのです。
でもそういった医師に出会うことは、たまにしかありません。

帰りの受付で、次回の健診予約を。
「じゃ、また次回から木曜日の○○先生で・・・」と受付の人が予約を入れようとしたとき
思わず「担当医替えることは今からでも可能ですか」と言っている自分が。
そんなことを、よく考えもしないで突然言っている自分にビックリでしたが
受付の人は、あなたがそれでいいのなら、と気軽に変更してくれました。

というわけで、8ヶ月になって担当医を替えることに。
でも、もう現在、2週間ごと、そして来月からは毎週、診察を受けるので
予定日まで8回は会うことになります。
お産にこの先生が立ち会わなかったとしても(カナダではよくあることですが)
それまではこの先生でお世話になることで、今まで以上に
臨月まで安心した気持ちでマタニティ生活が送れそうな気がするのです。



参加してます。一押しお願いします☆








TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 3度目の妊娠 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


2台目ストローラー ~優柔不断で決められず

2人以上のお子さんをもつ家庭では、
とくに日本では2台目ストローラー(ベビーカー)は当然、
3台目もあり、なんてケースが多いかと思います。

べべの誕生は3月。
チビとべべの年齢差は1歳半だけとなります。
チビは元気よく走り回ったりするようになりましたが
それでもストローラーはまだまだ必要ですし
(今だに)運転をしない私は、ストローラー超へビーユーザーなので
2台目購入は避けれないことに。
できれば今使っているストローラーで乳幼児期の子育て済ませたいな・・・
なんて思ってましたが、やはりそれは無理難題で、
ダブルスローラーを(イヤイヤ)購入することにしました。

本当は使いたくないんです、ダブルストローラー。
重たい、大きいものばかり・・・←当たり前なんですが
妊娠前から手に取ってみていて、チビを載せて”試乗”を何台もしましたが
んんん・・・感触が非常によろしくない。
これもあれもできて、という私のわがまま全てをのんでくれる
頼もしいWストローラーには今だ出会えてません。

例えば、スタンダードなタイプで縦型。
Wstroller1.jpg
重たく大きいのでターンも大変、
折りたたんでも巨大なかたまり。
でもバスケットは大きいものが多いのでお買い物は楽です。


横型。
Wstroller2.jpg
外を歩く分にはいいと思いますが、建物内、店内では使いづらそうです。
隣同士でちょっかい出したりで失敗したと言う声をいくつか聞き、このタイプは検討外。


後部座席が立てるタイプのもの。
Wstroller 3
これは軽めでコンパクトでいいのですが
後部座席は2歳半以上の幼児が対象のため、チビには使えず。。
リクライニングにもならないので使いづらそう。でもよく見かけます。



でも。。。
唯一、これは欲しい!と思えるストローラーが!!

Phil & Ted's の3輪タイプのストローラー。
全てのわがままをのんではくれませんが
試乗したとたん、私も夫も”fall in love”してしまいました。

pt2.jpg

本来はシングルストローラーで、二人目用シートが取り付けできるというデザイン。
なので、チビのストローラー卒業後もべべだけ一人用として使えます。
pT1.jpg

新生児からももちろん使え、インファントカーシートの取り付けも可。
pt3.jpg



そして肝心の走行の感触は・・・完璧です
このうえなく素晴らしい!!こんなストローラー、もっと早く出会いたかった!
なんてスムースな走り・・・・試乗中、何度もため息してしまいました(笑)。
いいストローラーって、こんなにも違うと改めて思いました。

じゃ、店員さんこれで!と、お会計に走りたいところ、なのですが
お値段が・・・。
ストローラー、2人目用シート、レインカバーその他付属品を合計すると・・・
Wストローラー&3台目ストローラーが余裕で買えてしまうほどに。
アメリカで買ったとしても、そんなに値段の差はでなく、かえって旅費ととんとん。
故障したときなどのことも考えると近いほうがいいかもということに。

このモデルを使っているペアレンツに遭遇したときには
必ず「どうですか?」と話しかけてるのですが
みな、「最高!」「大好き!」と高い評価ばかり。
どうやら買っても失敗はなさそうなので、夫は買おうよと言ってくれてるのですが
私にはなかなか決断できずに、もう3ヶ月も優柔不断のまま。
全てのわがままをクリアしてたら、思い切って購入してしまうのですが。
でも押した感触はとても軽く、外出がもっと楽しくなりそうです。
ううう・・・踏ん切りが、なかなか・・・。
いい加減、そろそろ決めなきゃと分かっているのですが。



参加してます。一押しお願いします☆







TrackBack : 0
Comment : 11
Category : 3度目の妊娠 | Thema : 二人の成長&育児 | Genre : 育児


夫の癖

これを癖と呼ぶべきなのかは分かりませんが
たまにこの癖のおかげで夜中に起こされることがあります。
寝言。
たまにアクション付きだったりするので本当に困ります。

先日の真夜中のこと。
私の頭や腕を撫で続ける夫。
「Are you alright?」
・・・何のことを言っている?夫よ?!
私、何か心配させるような寝言でも言ったのかな?と
うっすら目を開けると、夫は上半身を起こして目を開けて
まだ「Are you okay?」と聞き続けてます。
「な、なに?」と私。
でも、夫の言動は同じまま。
あー、まただ。寝ぼけている・・・。
「What!」ときつい一発を浴びせたところで、本人は正気に。
せっかく、深い眠りで気持ちよく眠っていたのに。

翌朝、照れ笑いしながら「チビだと思ったんだよねぇ。」
目も開けて上半身起こしてって、これ夢遊病に近いかも。
義姉は20歳ぐらいまで夢遊病で、それはひどかったとのこと。同じ血ですね。
彼の寝言録が作れるほど、寝言が多いのですが
原因はいつも心配事やストレスから。
かわいそうな癖、なんですよね。



参加してます。一押しお願いします☆




TrackBack : 0
Comment : 6
Category : 夫と私 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


妊娠性糖尿病から得たもの

今回もまた妊娠性糖尿病になってしまっているので
前回と同様、食事療法&エクササイズに励む毎日なのですが、
今回お世話になっているRCH(Royal Clumbian Hospital)の
「Diabetes in Pregnacy Clinic」けっこうなかなか厳しいのです。

前回、BC Women's Hospitalのクリニックでお世話になったので
どう対処すべきかは分かっていたつもりですし
その要領で(適当に)やっていたら、グルコースの数値が高めなことがしばしば。
ま、もう少し様子を見ましょう~、なんて言う言葉を期待してたら
しっかりとお叱りを受けてしまいました。自業自得・・・。
それだけ本気で真摯に患者のことを考えているという姿勢が伝わって
私の怠けた姿勢に渇が入り、その日からマジメに取り組みはじめました。

その結果、今のところは大きな問題なしとなりました。
このクリニック、とくに栄養士のDさんが素晴らしい。
とてもプロフェッショナルな上、とてもかんじのいい方なのです。
なので、気軽にいつでも電話で相談もできますし
聞いた質問には全て納得のいく答えを返してくれる、頼もしい方です。

本当は妊娠性糖尿病になんてなりたくはないのですが
遺伝なのでうまく付き合うしかない、しょうがいないと諦めたとたん
食事のバランスの大切さを改めてかんじました。
食品のラベルにある栄養量表示の見方も以前とは違ったものになりましたし
ミネラルやビタミンだけでなく、炭水化物や食物繊維、たんぱく質のことを
もっと重要視するようになりました。
家族の食卓を担うのは私。家族の口に何が入るか、それは私の責任でもあります。
この経験を自分にだけでなく、家族みんなの健康のために活用しなくては!と
思い始めたら、これも貴重な経験なんだなぁと思えるようになりました。




参加してます。一押しお願いします☆







TrackBack : 0
Comment : 7


VBAC専門医を訪ねる

前回の出産は、破水→陣痛遠のく→胎児仮死状態、となり
緊急帝王切開という展開のお産となったわけなんですが
今回は条件が整えば、自然分娩でお産に再度挑みたいと思っています。
というわけで、VBAC(Vaginal Birth After Cesarean)の専門医と会うことになりました。

この日のアポは夫も連れて行きました。
というのは、彼はあまり賛成ではないので、やはり一緒に話を聞くべきと思ったからです。
でも、すでに得ている知識の復習会のようなかんじで
とくに何か新しい、VBACを再検討するほどの話は聞けませんでした。


VBACを試みるには、私は適さないのかも・・・と気になっていた、いくつかのこと---

・最後の出産から妊娠まで1年しか開いていない→子宮がちゃんと回復しているのでOK
・胎盤の高さ→胎盤が子宮口から2cmあればいいとのこと
・妊娠性糖尿→重症ではないし、大きすぎる胎児でない
・前回、子宮口が4cmまでしか開かなかった→3cm以上だったのであれば大丈夫。

というわけで、現時点ではVBACにトライして構わないとのことでした。

でも一番気になることは、傷口が一部開く、または子宮が破裂しないか、という点。
最悪のケースだと死に至ることもあるからです(ということで夫は反対気味・・・)。
ドクターは「それよりも、胎児仮死状態になる確率のほうが高いので、そちらを懸念します」とのこと。
子宮破裂や傷口が開くというのは、ごく稀なケースとのことだそうです。
具体的な数字や実例などは挙げてはくれなかったので、ちょっぴり説得力にかけたかな、
というのが印象でしたが、

・陣痛中はもちろん子宮と胎児のモニタリングをする、ので
・エピドラル(硬膜外麻酔)を使っての出産は問題全くなし

ということを聞けて、ちょっと安心しました。

でも結局は、全てはお産が始まってから。
私自身がどんなに順調にお産を迎えたとしても、
そのときになってみないと分からない、ということです。
ちなみにVBACでの出産率は60~70%だそうです。

なので、結論は・・・

VBACしてよし。でも自然分娩で出産できるかどうかは、通常のお産と同じで
産むまでは誰にも分からないので、VBACを試みて成功とは限らないことを承知してね、
ということでした。

そして「あなたの現状態で”予定帝王切開”は考える必要はない」と言われました。
前回が帝王切開だったから、自動的に今回も、という考えは必要ないとのこと。
日本と違うなぁ・・・と深く思いました。
医師達にそれだけの経験と自信があるからなのでしょうか。
日本だったら、”VBACお断り”の産科医が多いのに。

ひとつ大きな収穫だったのは、夫が以前よりもっと理解をしめしてくれたことです。
心から、「いいよ、それで」と言ってくれました。
「でも、何か少しでも状態が変われば、帝王切開だからね!」と。
ええ、それはもちろん!です。
子供や自分の命を危険にさらしてまでVBACするつもりはなしです。

ただ。

お腹にメスを入れるのは、私のこの体。
産後回復までの1ヶ月がツライのも、この私。
先生に「産道分娩だと、産後の回復の速さが全然違う」と言われ、
VBACしたい気持ちがさらに強まりました。
さらにもう少し、自分でもリサーチしてみようと思います。


※長くなってしまい、すみません・・・。


参加してます。一押しお願いします☆







TrackBack : 0
Comment : 2


スケジュールみっちりの年末年始

みなさんのクリスマスはいかがでしたでしょうか?

クリスマスあたりから最近まで留守をほとんどしてたのですが、
やっぱり疲れました・・・義家族達と楽しく過ごしたクリスマス&年末年始だったのですが
義姉宅はバンクーバー島の北にあり、ここ我が家から10時間もかかってしまいました。
帰りのフェリーの予約がとれず、待ち時間も入れたり、
チビとお腹の大きい私のために、休憩を何度か入れたりで
すごい長旅になってしまいました。いやはや、これにはさすがに疲れました。
戻ってきてからも、いろんな用事や予定が入っていて忙しく
そして3日後には、義母宅へ。こちらは近いので移動は苦になりませんでしたが
チビがいとこ達と終日一緒のため、大興奮。
夜、何度も起きたりして夫も私も、当の本人チビも寝不足に。
年越しは泣くチビをあやしながら過ごしました・・・(悲)。

でも久しぶりに長く義家族と時間を過ごせて、大家族はやっぱりいいなぁと思いました。
みんなでわいわい食卓を囲んで食事を楽しんだり、ゲームをしたり一緒に買い物へ行ったり。
でも来年のクリスマスは、狭いこの我が家で私たちだけでクリスマスをしようと思います・・
べべも加わっての長時間の移動、想像しただけで目がくらみます・・・。

そして今は自宅に戻ってきてホッとしているものの
やはりしばらくはいろいろと用事や予定があり
あれ?冬休みなのになぜ忙しい・・・?というかんじです。
夫が冬休みなのでチビを任せて自分はのんびりできる、なんて思い描いてたのですが・・



hiway1.jpg
バンクーバー島のハイウェイを走っているときにパチリ。
ホワイトクリスマスとなったので、景色は銀世界となりキレイでした。



参加してます。一押しお願いします☆





TrackBack : 0
Comment : 1
Category : 3度目の妊娠 | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


カレンダー(月別)

12 ≪│2008/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。