This Archive : 2007年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネンネトレーニング ~初日

絶対に大泣きするだろうと思っていたので、
日中のお昼寝からスタートすることにしました。
両隣のご近所が留守なので迷惑がかかりません。

チビは生まれてから、とくに日中などは大泣きをほとんどしない子です。
「ホント泣かない子だね、いつもご機嫌で。」とよく言われます。
そのせいか、彼が大粒の涙をボロボロこぼしながら、
ぐしゃぐしゃの顔をして泣くのを私は見慣れてません。
初日はやはり、とてもとても辛かったです。私も涙しながらのスタートでした。
目の前で、ヒックヒックしながら泣き続ける息子がいるのに
抱き上げることもせず、ただ言葉をかけ体をさするだけの自分に
情けなさに似た感情がこみ上げてきました。
チビがちゃんと眠れるよう導かなくてはと言い聞かせて
第1日目は、何とか終了しました。

午前
10:50-11:20(3回)  ここがやはり一番しんどかったです、息子にも私にも。
11:20-13:00(お昼寝)  いつもは1時間程度なのに、疲れきったせいか1時間40分のお昼寝。でも寝起き後、チビの目は腫れあがっていた・・・。
午後
16:00-16:10(2回)  意外とすぐに寝入る。
16:10-17:00(お昼寝) 

お昼寝はいつもストローラーでお散歩しながら、またはスリングでしか
眠らなかったので、クリブでひとりで眠れるのか不安でしたが、
大泣きしながらも眠ってくれたので、ちょっとホッとしました。


19:30-19:45(母乳とミルク) 今まではお風呂後にミルクでした。
19:45-20:05(お風呂)
20:05-20:10(歌を歌う→オルゴール3分)読み聞かせは興奮してしまうので歌に。
20:10-20:35(3回) やっぱり大泣きする。
20:35-1:00(4時間30分寝る) 
1:00-1:50(4回) 母乳はあげない、と固く決意。始めてから一番長い泣き。
1:50-5:00(3時間10分寝る) 3時、4時にいつも起きてたのに・・・。
5:00-5:20(2回) わりとすぐ寝た。
5:20-6:00(40分寝る)
6:00-6:10 フニャっと弱く泣いて、また寝入る。
6:10-7:30 (1時間20分寝る)
7:30    起床


チビが目を腫らすほど泣くことは今までなかったので、それを見るのも辛かったです。
断念することなく、とりあえず初日を終えたものの
翌日の(この起床後)私は本当にぐったり疲れきってました。
この日の夫は、深夜近くの帰宅(仕事帰りにゴルフ&飲み)。
事前に事情を説明するどころか、トレーニングのことすら口にしてなかったので
夫は”えっ?何してるの?”と全く状況を飲み込めず(当たり前ですね)。
翌朝、朝食をとりながら説明。まじめにちゃんと聞いてくれました。よし。


スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 5
Category : 夜泣き | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


ネンネトレーニングのルール

どうやらこのトレーニングには賛否両論が大きく分かれるようです。
それは、”ひとりで泣かせておく”ということをするからです。
そんなのはただのネグレクトという人がいるかもしれません。
でも、泣いても側にいれる時間を短時間でもつくっているのは、
子供が”置き去りにされた”という感情におちいらないためとのこと。
何十分も泣かせっぱなしは、さすがにそれはしたくないので
これなら、何とかできそうだと思いました。

私がこのトレーニングを始めてみようと思ったのは、
①試行錯誤でいろいろ試した結果、彼に合うものはこれとなく、
これなら合っているかもしれない、試してみる価値はあると感じたこと、
②このトレーニングの成果と私たちの最終ゴールがあっているところ
(子供部屋でクリブで寝る。欧米スタイルっていうんでしょうか)
③このところ、夜中の授乳が良くないのでは?と感じ始めていた、
という理由です。

ただひとつ。肝心のこの本「赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣」の
入手ができなかったので、実践者の方たちの情報をもとで始めました。
ですのでかなり自己流だと思います。

このトレーニング、賛否両論の理由のひとつに、トレーニング内容が
赤ちゃんに辛いものであること。でも、親にもなんです。

その厳しいトレーニング内容は、
・寝る30分以上前に最後の授乳またはミルクを済ませておく
いつも寝る直前にミルク。大丈夫なのかな、とちょっと心配。

・寝る前に、読み聞かせや歌を聞かせるなど、寝る前の儀式を習慣づける。
いつもは”ミルクを飲む”が眠りの儀式のようなもでした。これは問題なくできますね。

目が覚めている間にベッドにねかせ、1人にして部屋をでる。
寝かしつけにおしゃぶり、哺乳瓶などは一切与えない。

これもできます、大丈夫。

歯を食いしばらなきゃいけないのは、ここから。
・おやすみの儀式の後、クリブで寝かす。とりあえず部屋を出る。
子供が泣き始めてもすぐに側には行かない。
3分待ってから子供の側に行き、「ママはここにいるから怖くないよ。ひとりでねんねしようね」などと話しかけたり、体をさすったりしてなだめる。
でも抱っこはしない。2分間側にいたら部屋を出る。
まだ泣き続けていたら、今度は5分間待ち、同じく2分間にいたら部屋をでる。
次は7分間→2分間なだめる、10分間→2分間なだめる。
これを子供が寝つくまで続ける。

そして夜間起きても同じ。泣き出してもすぐに側に行かない、抱き上げない。
待ち時間と側にいる時間のルールは同じ。

2日目は待ち時間を5分間からスタートする。
3日目は待ち時間7分間からスタート、4日目以降からは全て10分間・・・

というぐあいです。

他にももっと細かいルールはあるようなのですが、概要はこんなかんじです。
※6ヶ月以上の赤ちゃんが対象です。


TrackBack : 1
Comment : 6
Category : 夜泣き


ネンネトレーニングのレポートのこと

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣 赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣
アネッテ・カスト・ツァーン、ハルトムート・モルゲンロート 他 (2003/11/08)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


この説得力のなさそうなタイトル。実はまだ読んでいません。
本来ならこの本をちゃんと読んでから実践すべきなのですが
日本語版も英語版も見つけることができず、かといって
(母に頼んで)数週間後まで待つ気力も体力もありませんでした。
とにかく早く何か手を打ちたいの気持ちだけでしたから。
なので、ここでのレポートは、あくまでも私の自己流ネンネトレーニングです。
このエントリーを見て、”私も!”と真似はどうぞされないようお願いします。
あくまでも参考事例として受け止めていただきますようお願いします。

もうすでに実践してしまったので、この本を読む意味はもうないかもしれませんが
やはり読んでおくべきだと強く思うので、来月に母が
持ってきてくれるのを心待ちにしてます。待ちきれません。
母に会うことより、この本を手に入れることが待ちきれません!


 
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 夜泣き


夜泣きで家族崩壊?

このところのチビは、0:00、3:00、4:00~5:30と起きています。
(ちなみにこんな状況にまでなっても、私は昼寝なしです。)
これ以上になることもありますが、明け方のまとめて起きてしまうことは
今までになく、私もこれにはあきらめて彼と一緒に
リビングでテレビを見ながら時間をつぶしています。
テレビジャパン。24時間放送なので、涙が出るほどありがたい!
明け方の静まり返っているこの時間、孤独感すら感じるだけに
スイッチを入れたら、そこには日本の番組があるというが、こんなに嬉しいことだなんて。

いつか終わりは来る。でも、状況は悪くなっていく一方。
こんな狂った生活リズムが、成長目まぐるしいチビに良いわけがないはず、と思うのです。
私にも限界があります。夫に頼んで負担が少しは減っても、
この問題に何の解決になりません。
図書館で借りてきたたくさんの育児書。どれもこれという解決策はなく・・。
そして最近感じるのが、私の疲れがその限界に近づいてきてると感じ始めてます。
その証拠に、夫との夫婦関係に疑問すら感じることがあるのです。
夜中起きるたびに、別室で眠る夫のことを思い出しては、大きな怒りを感じます。
そして最悪なのが、それ以外で夫のする些細なことに苛立ちを感じてしまうのです。
ちょっと散らかしっぱなしにしただけで、“だらしのない人”などど本気で苛立ってしまうのです。
全ては夜泣きの疲れから。そのストレスのはけ口が夫へ向い、
彼のする些細なことにリンクして、夫に怒りや嫌気がさし・・・
これって、危機に面している?!と認識し始めました。
もちろん、こんなことを思っているのは私だけで、
夫は私たちの仲はいたって変わりはないと思っています(それがまた腹ただしい)。
でも私はそうではないのです。彼への尊敬や愛情が減っていくのを日々感じます・・・

・・・・・・こ、これは、まずい!!


と、意を決して、あるトレーニングに取り掛かることにしました。
その名は「ネンネトレーニング」。厳しい内容のトレーニングです。
始めるには、納得して固い決意と意思が必要とするものです。夜泣きごときに
な、何事・・・と思われるかもしれませんが、ホントです。
ヴェズさんやsucaiさんから頂いた情報(ありがとう!)や、
自分でも調べてみた情報をつてに見つけたこの「ネンネトレーニング」。
このトレーニングがチビに効果があるのか、それによって家族崩壊を避けれるのか。
ここでレポートをしていきたいと思います。


TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 夜泣き | Thema : 海外で育児 | Genre : 育児


チビを預けて夕食へ

夫の友人で、小児科の看護婦という頼もしい友人がいます。
「金曜の夜、ベビーシッターするから、ふたりで出かけてきたら」と
オファーをしてくれ、遠慮なく言葉に甘えることにしました。

はてさて。どこに行こうか・・・。
ちょっと急でもあったので、私も夫もアイディアが浮かばず。
そこで、”チビがいたら行けないところ”にしようとなりました。
私は「音楽が聴けるところ!」、夫は「映画!!」と意見が二分。
やはりここは女の融通がきき、音楽が聴けるところとなりました。
彼女の家とレストラン、そして我が家はとても近く
何かあったらすぐ戻れるということ、時間を最大限に使えるということで
近くにあるちょっとさびれた雰囲気の
ジャズが聴けるレストランに行くことにしました。
期待はほとんどなしで行ったのですが、そのせいか?これがそんなに悪くなく、
久しぶりに夫と食事をしながら、ゆっくり話もできて楽しい夜となりました。

そして、チビを迎えに彼女宅へ。
外からも聞こえるほどのチビの泣き声がっ!!!
大声で泣くことを、あまりしない彼がこんなに泣くとは・・・
とうとう、人見知りが始まってしまったようです。
私たちが戻る1時間、泣きっぱなしだったらしく
彼女には申し訳ないことをしてしまいました・・・。
でもさすが小児科看護師。
「こんなの全然。Chicoちゃんが誤る必要なんにもないのよ。」と頼もしかったです。

今思えば、人見知りをしないうちに、こういうことを
夫ともっとしとけば良かったなぁと思います。
チビと日本へ2度帰ったとき、いづれも3ヶ月になる前でしたが
母に半日以上、預けても彼は全く大丈夫でしたし、
私なしで見知らぬ人に長時間、抱かれても泣くことなんてありませんでした。
はぁ・・・時すでに遅しです。
ということは、後追いもすぐ始まるのでしょうか。
ちょっとお先が暗くなってきました。


TrackBack : 0
Comment : 7


ようこそデジタル

夫に対して”えらいなぁ”といつも思うことは、セールスの電話への対応。
不快感を表さず、ちゃんと最初から話を聞きます。
「そりゃ、かかってこないほうがいいけれど、彼らは仕事でしているのだから。」と
セールスの電話をとれば、5分、10分は彼らのセールストークを一通り聞いてます。
そして最後は、理由を述べてからお断りする、というぐあいです。

そして、この間ももそんなことがまたありました。
今回はやけに長い。夫が興味深々そうに耳を傾けてます。
どうやら電話の主は電話会社のTELUSのよう。
TELUSはテレビ事業進出でお得なプロモーションをやってるのを
広告で見たことがあり、それを思い出してそのセールスなのは、すぐわかりました。
そして夫が何やら交渉らしきことを話し始めること20分。
満足げな顔をして電話を切る夫。
”1年契約で、デジタル受信機・設置料・最初の3ヶ月の全てのデジタルチャンネル
そしてテレビジャパン、インターネット接続3ヶ月を無料”で契約完了。

来月に半月ほど、日本から母がこちらに遊びにくることになってて、
母に少しでも快適に過ごしてもらいと思い、
とにかくテレビジャパンを契約する予定だったのです。
そして母が帰ったら契約解除と考えてただけに、
最初の1ヶ月無料というのは、あまりにもいいタイミング!
ずっとにはShawに不満足だったものの、サテライトは使用禁止となっていたので
ついにこれでShawとはさよなら、他社のデジタルようこそです。
う~ん、これを機会に私のテレビ離れは過去のこととなっていくかも・・・。








TrackBack : 0
Comment : 4
Category : All about Canada | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


SHOE SALE

恒例のArmy&Navyの靴の大セール。初めて行ってきました。
知り合いの人は「いつも10足は買う」というほど、どれも40㌦以下のものばかり。

我が家からお店まで徒歩15分ぐらいなので、開店時に行けたのですが
チビ+ストローラーなので、他の人たちに迷惑がかかってしまうので
お昼の時間帯に行ってみました。もう品数薄いだろうなと思っていたのですが
品出しがどんどんされていて、私の買い物意欲にさらに火が
30分のクイックショッピングで得た戦利品は合計4足。
shoe2s.jpg
レインブーツ1足と快適スニーカー系2足、
そして来月、遊びに来る母のために彼女の好きそうなサンダルを1足。
これで全て100㌦(10,000円)!安い!

セールは4月29日まで開催中。


追記:Akiraちゃん
ようやくレインブーツを手に入れました(話が古すぎ)。
デザインはひまひとつだけど、コーディネイト次第でカワイくなれそう。
これで1,800円は悪くないかな。
TrackBack : 0
Comment : 5
Category : All about Canada | Thema : カナダ | Genre : 海外情報


Garden Works

我が家から車を走らせて10分かからないところに
とっても大きなガーデンショップがあります。
ここに来れば、ないものはないだろうというくらいに、扱っている品種がたくさんです。
DSC02001.jpg

DSC02003.jpg

アスパラガスって、こうなっているんですね。つくしんぼみたい。
DSC02000.jpg

ガーデニング用品も種類豊富に扱っています。
DSC02004.jpg

こんな置物も。
DSC01999.jpg

そしてお買い物にちょっと疲れたら、ここのカフェに立ち寄って、ちょっと一息。
DSC01997.jpg
暖かくなるとパティオでお茶も。パティオの椿が見事。


この日、私たちが選んだのは、これ。
20070417113514.jpg
黒いクローバー。ちょっと変わってておもしろいかんじです。
手入れが簡単・・・というより何もしなくていい、私にフレンドリーな植物なので即決。


Garden Works at Mandeville :4746 SE Marine Drive Burnaby Phone604-434-4111
※他にも支店があります。
TrackBack : 0
Comment : 3
Category : All about Canada | Thema : カナダ | Genre : 海外情報


びっくり!

チビが昼寝をしそうな雰囲気だったので、寝室へ移動、
瞬間、窓の外に何かが通るのが見えました。
その光景に自分の目を疑いました。
きっと睡眠不足のせい、これは・・・幻覚?


20070408215045.jpg

・・・あらいぐま!

ふつーの顔して通り過ぎていくあらいぐま。
そしてお隣さんのパティオ近くで一休みしてるところを慌てて激写。
窓越し&ビックリであまりうまく撮れてませんが
間違いなく、あらいぐまです。

以前ウエストエンドに住んでいたときは、
目の前に巨大な公園スタンレーパークがあったので
夜がふけたころ、2,3匹の群れで何度か、あらいぐまを見かけたことはありましたが・・・。
現在、私たちが住んでいる近辺は、大きな公園などはないので
まさか、あらいぐまを見かけるとは思いもせず、本当にビックリでした。
夫は「あらいぐまは、どこでも生活できるんだよ」←ホントかな?なのですが
まぁ、とにかく度肝を抜かれました。 



TrackBack : 0
Comment : 5


今夜もまた、がんばろ~。

イースター4連休初日。日帰りでどこか遠出しようかと前日まで
夫とそんな話をしていたのに、その晩のチビの夜泣きがひどく、
朝からモウロウとしながら気がついたらもう昼近く。
もうやめよう、遠出なんていう気分じゃないねと意見一致したものの
外は明るく、空を見たら青空。家でダラダラしてるのはもったいないとなり
車を走らせること40分、ノースショアのDeep Coveに行ってきました。
またまた、ここも私にはすごく久しぶりな場所で、8年ぶり・・・になるかと思います。

DSC01839.jpg
ここはとても小さな入り江で、カヤックをするのにピッタリです。
しばらくカヤックをしてない私には、この光景は羨ましい限り。

まずは腹ごしらえ。お天気が良かったのでパティオのテーブルに。
あまりの睡眠不足で食欲もうせてたのに、
料理が目の前に出てきたとたんに、いつもの大食欲が。
lunch2.jpg
今回食べたBennyはスモークサーモンを使ったもの。おいしかったです。
パティオからもレストラン内でも眺めが良く、料理もおいしいです。
Arms Reach Bistro  4390 Gallant Ave, North Vancouver


te3.jpg
その後、散歩をして眺めのいい丘でちょっと一休み。



sky.jpg
芝生に寝転がって空を見上げたら、サクラがきれいに咲いていました。


やっぱり水の近くは癒えるのか、夫も私も気分がすっきりして、
今夜もまたがんばろ~という気になれました。






TrackBack : 0
Comment : 3
Category : All about Canada | Thema : カナダ | Genre : 海外情報


夜泣きは続く

夜泣きはさらにエスカレートして、私も夫もかなり疲れ気味なこの頃。
宇津救命丸はチビにはあまり効果がないようで、与えても与えなくても
症状はほとんど変わりませんでした・・・残念。
でも、この宇津救命丸、効果があったという話を数人のかたから聞いてますので
夜泣きで四苦八苦されている方は、ぜひ試されてください。

彼の夜泣きは、とくにこの2週間前からひどくなり
とうとうClib(ベビーベッド)を私たちの寝室に移動して
一緒に寝ているのですが、明け方には同じベッドの中で添い寝をしています。
最近は、夜泣きに夫も協力的になってくれて、深夜のドライブもしてくれます。
ドライブで眠ってくれたものの、玄関に入ったとたんに
目がパッチリなんてこともあり、夫もほどほど参ってます。
腕枕の添い寝は今のところ一番効果があり、背中をさすりながら抱きしめてあげると
すんなりと眠ってくれることがあります・・・が、何度も何度も夜中起こされて
さすがに3回目以降になると、眠気とストレスとの戦いです。
夜中起きても、あまり大泣きすることはないのですが、
それでもやっぱり近所迷惑になっているんじゃないかと、そんなこともストレスに感じます。
そして朝、チビの無垢な笑顔を見ては、全てが帳消し・・・とそんなことを繰り返す毎日。

決まった時間の食事、就寝起床にお風呂、遊ぶ時間や外出もしているのに
それでも、一向によくなっていく兆しは見られず、それどころかひどくなるんばかり。
この様子だと、しばらくどころか1年以上も続くのかも・・・。ううう・・・。



TrackBack : 0
Comment : 5


ファナー???

眠る直前の静まり返ったベッドの中で、夫との会話ことでした。
グランビル・アイランドとハリソン・ホット・スプリング。
私にとっては両方ともとても楽しかったのですが、
夫にはどうだったのだろうと思い、聞いてみました。


「私はね両方ともとても楽しかった。すごく久しぶりだったし。
チビと一緒だったせいか今までと違って新鮮に感じたな。
どちらのほうが楽しかった?」


「僕も両方とも楽しかった。でもどちらかというとHarrison Hot Springsのほうかな。」


「ふーん、なんで?」


「Because swimming's ファナー。」



「・・・・・そ、それは、more funって言うんじゃないの・・・。」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



「そういう言葉は辞書にないんじゃないの・・・。」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうだね。」



眠る前で、彼がとても疲れてるのが目に見えて分かってましたが、
これで教員って大丈夫なんだろうか・・と、ちょっと不安になってしまいました。
その後、何かにつけて”Fun-er”とからかってイジワルして楽しんでます。



TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 夫と私


Harrison Hot Springs

私が突然、「暖かいプールに入りたい。ハリソン・ホットスプリングへ行こう!」と言い出して、
じゃ、行こう行こうとバタバタしながら、「Harrison Hot Springs」へ行ってきました。
ここもまた私たちには、だいぶ久しぶりの場所です。
どこかの帰り道に散歩程度で立ち寄ったのが最後でしたが、
今日の目的であるPublic Poolに来るのは、もう7年(それ以上かも)ぶりです。

朝は、お天気がとてもよかったのに、着いた頃には曇り空。
Harrison Lakeのまわりを歩こうと思っていたのに、あまりに寒くてやめました・・・。
DSC01714.jpg
これまた平日だったので、人気もなく見かけるのは地元の人らしきのみ。


Public Pool内もがらがらで、私たちが帰る頃には、4,5人しかいませんでした。
日本の温泉とはやはり雰囲気が全然違くて、温泉気分ではなく
温水プールに遊びに来たというかんじです。

スイミング用オムツをつけてチビは温泉プールデビュー。
pool2.jpg
風呂好きのせいか、終始静かで穏やかにしててくれました。



TrackBack : 0
Comment : 5
Category : All about Canada | Thema : カナダ | Genre : 海外情報


カレンダー(月別)

03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。