This Category : BOOKS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


amazon.co.jaでお買い物

日本で暮らしていたときは、よくアマゾンで書籍を購入していました。
たった1500円で送料無料で配達してくれますし、そして配送がとても早い!
翌日にはポストに入っている、この便利さがたまらなくありがたかったです。
カナダに来てからは、日本の書籍を買うことはほとんどなく
あるとすれば、Book Offなどで中古の本をたまーに買うくらい。
あとは、里帰りのときに、まとめて買ってくるぐらいです。

でも、子供用の本や自分用に欲しい本があり
日本の書店でオーダーもできるようなのですが
日本のアマゾンからネットで購入してみることにしました。
一冊につき、300円の手数料がかかるので
まとめて買えば、やはりすごい金額になってしまいますが
送料はなぜか一律。北米への送料は2700円。
今回は、6冊の本を購入。手数料だけで300円×6=1800円。
この金額でもっと本が買えるなぁなんて思うと、ちょっと悲しい。。。
トータルの金額でいったら、たぶんこちらの書店で買うのとほとんどかわらないと思います。
もしかしたら、ほんの少しは安いかもしれません。

で、かかった日数は、なんとたったの4日間!!は、早い!
金曜日の夜にオーダーをして、月曜の朝にFedExから届きました。
正確にいえば、3日半なわけで、本当に驚きました。
梱包もしっかりされていて、小さなダメージも全くなし。
税関へのコストは10ドル(800円)だけで済みました。

実家の母が5本を数冊おくってくれたことがあったのですが
そのときは、郵便局を利用で、送料は4500円で7日間かかりました。
パッケージは破れてしまってたりして、
送料が高額なわりに、ちょっとがっかりしたものです。
それに母にも手数をかけてしまうし・・・
それに、このときのほうが重さは軽かったはず。。。

カナダに住み始めて5年にして、初めてのこの体験。
もっと早く利用すればよかったなぁ。。。



スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : BOOKS


若き数学者のアメリカ

私と夫が騒がしい東京から、自然豊かな街バンクーバーに越してきてから
この夏で5年目を迎えます。
それ以前にバンクーバーには何度も来たことがあり
ときには半年近く滞在もしたことがありました。
それでも、最初の1年は私には辛いことが多く
カナダ生活を自分のものにすることが、どうしてもできませんでした。
何度来ても、カナダに興味が全くもてなかったこと、
都会生活が恋しかった、永住権が降りるまでに時間がかかった、などなど
語り始めたら、かるく2,3時間はグチれるほど理由はたくさんあります(笑)。

本を持ち込んで長風呂をするのが私のストレス解消法のひとつ。
その頃によく読んだのが、「若き数学者のアメリカ」です。
何度も何度も、この本から元気をもらい
私にとっては、とても特別な本となりました。


若き数学者のアメリカ (新潮文庫)若き数学者のアメリカ (新潮文庫)
(1981/06)
藤原 正彦

商品詳細を見る


コロラド大学での助教授としてのアメリカ生活1年間を綴った体験記。
彼のアメリカでのひとつひとつの体験が”そうそう!”と思わず
共感してしまい、自分と重ね合わせながらいつも読んでいました。
この彼の体験記は、もう20年以上も前のことなのに
現在でも違和感を感じることなる読めてしまうのは
日本VS北米の文化や感覚の違いは、実はそんなに変わってないからなのでしょう。
藤原氏の国語力がこれまた素晴らしく、完成度が非常に高い作品だと思います。
彼の感性が豊かで、ユーモアのセンスに溢れているのがうかがえます。
普通のエッセー本とは一緒にくくれない、一緒にしたくない、まるで小説のようです。
ん?ちょっと褒めすぎかな??
ちょっと以前に、日本では「国家の品格」がベストセラーとなったようで
藤原雅彦といったら、そちらの方が今は有名かもしれません。
でも私は、やっぱり「若き数学者のアメリカ」が一番好きで、
続編的である「遥かなるケンブリッジ」も大切な本です。
こちらは独特なイギリスの姿を垣間見れ、とても面白かったです。





TrackBack : 0
Comment : 2
Category : BOOKS | Thema : 国際結婚 | Genre : 結婚・家庭生活


Hooray for Fish! (それゆけ!さかなくん!)

1年ぐらい前に、チビのために図書館で借りた本 「Hooray for Fish!」
イラストも色合いもポップで楽しくて、登場する魚の名前も楽しい。
語彙量を増やすのにも言葉のリズム感もいいなと思った本です。


それゆけ!さかなくん! (L.カズンズの絵本)それゆけ!さかなくん! (L.カズンズの絵本)
(2005/08/25)
ルーシー・カズンズ

商品詳細を見る

買おう買おうと思っていて、そのままになっていたのですが
今回の日本滞在中、本屋さんで見かけてビックリ。
どうやら日本で人気があるらしく、NHK教育でもTV放送されているとのこと。

日本語版?と思って開いてみたら・・・英語と日本語の併記でした!
これは即買い!!と本を持ってレジへ直行しました。
日本でも発売されている児童向けの洋書、全てこんなふうに
英語と日本語の両方が印字されてたらいいのに、と親としては思います。

お魚が題材なので男の子っぽいかなと思われるかもしれませんが
ストーリーはほとんどなくて、いろんな魚がおもしろい名前を持っているので
女の子の赤ちゃんでも十分に楽しめる本です。



参加してます。一押しお願いします☆




TrackBack : 0
Comment : 2


海と毒薬

夏になると、この本を思い出して読み返すこと数回。
私は遠藤周作ファンです。
この本は私が彼の世界へのめり込む入り口となった作品です。

海と毒薬 海と毒薬
遠藤 周作 (1960/07)
新潮社
この商品の詳細を見る


最初に読んだときは、すごい衝撃を受けました。
フィクションではあるのですが、九州大学医学部で実際に起きた
アメリカ人捕虜の人体実験の事件をもとに書かれたストーリー。
エゴイズムと野望と孤独。初めから終わりまで、暗ーく陰気です。
でも読み返すと、その度に少し違った解釈もできて奥深い作品です。

うだる暑さの日本(もちろんそれ以外でも)の夏にぴったりの1冊です。





参加してます。一押しお願いします☆


TrackBack : 0
Comment : 0
Category : BOOKS | Thema : 読んだ本。 | Genre : 本・雑誌


美女と野球

1年前に日本へ帰ったとき、友人がおみやげにと3冊の本プレゼントしてくれました。
「あなたは”ナンシー関”を読むから、きっとこれも好きだろうと思って。」と
どれもリリー・フランキー。その中の1冊、「美女と野球」。

美女と野球 美女と野球
リリー・フランキー (2005/10/05)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


「おでんくん」や「東京タワー」で有名なリリー。
私が彼を知ったきっかけは「おでんくん」で、
てっきり彼は絵本作家だと思い込んでました。
そんな思い込みから、最初の1ページを読んでビックリ。
しかも妊娠中に読んでて、お腹のチビにどうなのかと頭にありながらも、
おかしくて、あっというまに読み終えてしまいました。
気前よく3冊もプレゼントしてくれた友人に本当に感謝。
3冊の中に「東京タワー」もあるのですが、これはまだ読んでません。
とても楽しみにして3冊のうちの一番最後にとっといておいたのですが、
父の死をきっかけに、この本を読む勇気はいまだなく本棚で出番待ち状態。
いつになるかはまだ分かりませんが、必ず読みたいと思います。

にしても、リリーの本業って…?

TrackBack : 1
Comment : 4
Category : BOOKS


カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

Chico

Author:Chico
カナダBC州在住36歳のフルタイムママです。2006年夏生まれの長男(チビ)、2008年春生まれの長女(べべ)、夫の4人暮らし。カナダ生活も気がつけば5年となりましたが、今も新しい発見の日々。

コメント、メール大歓迎です☆

ブログランキング

クリックお願いします☆

FC2Blog Ranking

最近のコメント

Vancouver

リンク☆BLOG

リンク☆お気に入り

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Chico's Journal All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。